教育業界ニュース

ASUS、Chromebook10万台増産…GIGAスクール早期実現へ

 ASUS JAPANは2021年1月15日、文部科学省が実現を目指す「GIGAスクール構想」の早期実現の加速の協力案としてChromebook製品の増産決定を発表した。2020月11月18日に発表した「ASUS Chromebook Flip C214MA-GA0029」を10万台増産し、2020年度内の端末普及を支援する。

ICT機器 授業
ASUS Chromebook Flip C214MA
  • ASUS Chromebook Flip C214MA
  • ASUS Chromebook Flip C214MA 使用イメージ
 ASUS JAPANは2021年1月15日、文部科学省が実現を目指す「GIGAスクール構想」の早期実現の加速の協力案としてChromebook製品の増産決定を発表した。2020月11月18日に発表した「ASUS Chromebook Flip C214MA-GA0029」を10万台増産し、2020年度内の端末普及を支援する。

 当初の予定を前倒しし文部科学省が2020年度(令和2年度)内に「GIGAスクール構想」の実現を目指して1人1台学習用端末の納品を進めている中、ASUS JAPANでは2020年度中(2021年3月まで)に製品の調達および納品が必要となる自治体について製品の確保が難航している実態を確認したという。こうした現状を受け、GIGAスクール構想の早期実現に向けた支援を行うことを目的に、GIGAスクール構想に準拠したChromebook製品のうち「ASUS Chromebook Flip C214MA-GA0029」の10万台増産を決定した。

 ASUS Chromebook Flip C214MAは、落としても壊れにくいミリタリーグレードの堅牢性と最長約12時間のバッテリー駆動時間を確保した、学校での過酷な使用環境でも安心して使用できる製品。液晶ディスプレイは360度回転し、360度いっぱいに開いてタブレットスタイルでテストを受けたり、テントスタイルで勉強や採点を行ったり、ノートPCスタイルに切り替えてレポート作成したりと好きな角度で使用できる。写真撮影がスマートフォンのようにスムーズなアウトカメラや、スタイラスペンも搭載し、学校におけるあらゆる使用シーンに対応できるモデルとなっている。

 今回の増産についてASUS JAPAN代表取締役社長 Alvin Chen(アルヴィン・チェン)氏は、「今回の増産によりGIGAスクール構想実現のさらなる推進に貢献できると確信している。すでに日本全国の多くの学校に採用されている実績を生かし、ハードウェアの観点から生徒ひとりひとりが安心して学びに専念できる環境の構築を支援していきたい」とのメッセージを発信している。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top