教育業界ニュース

オンライン試験の監督体制一元化「試験監督センター」本格始動

 ニーヴは2020年12月、オンライン試験の試験監督センターを本格始動した。オンライン試験の監督体制を一元化し、自宅受験で発生するトラブルへの迅速な対応をすることで、慣れないオンライン試験でも受験生が安心して受験ができるよう応援する。

教材・サービス その他
試験監督センター
  • 試験監督センター
  • 試験監督センター
  • 試験監督センター
  • ニーヴ
 ニーヴは2020年12月、オンライン試験の試験監督センターを本格始動した。オンライン試験の監督体制を一元化し、自宅受験で発生するトラブルへの迅速な対応をすることで、慣れないオンライン試験でも受験生が安心して受験ができるよう応援する。

 新型コロナウイルス感染症拡大を受け、試験業界では自宅で試験を受ける「オンライン試験」が急速に広がっている。ニーヴが開設した試験監督センターは、オンラインで受験をする受験生が安心して試験を受けられるよう、監督業務を一元管理する施設。オンラインで行う監督業務に特化し、受験生を監督するためのPCを最大10台設置可能で、監督用のインターネット専用回線を使用している。

 オンライン試験の試験監督センターは2020年9月より4回の検証を重ね、このたび本格始動。受験生からの問合せを受ける専用電話回線も整備しており、通常の監督業務に加えて、受験生からのトラブルに関する問合せへの対応もスタートした。

 受験生、主催者の双方にとって信頼できるオンライン試験の普及を目指し、試験監督センターについて、無料の個別相談会やデモ体験会を行っている。個別相談会は、オンライン試験の一元的な監督体制を検討している人が対象。また、試験監督センターに来て、設備を体験できるデモ体験会も開催する。どちらも2021年1月6日以降、随時開催する。問合せはニーヴで受け付けている。

 ニーヴは、2007年に創業し、2010年以来10年にわたって試験運営の専門会社として、試験運営アウトソーシング事業、試験会場紹介事業を展開している。
《田中志実》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top