教育業界ニュース

教員向け動画年間ランキング、1位はオンライン授業関連

 オンライン学習サービスを提供する「Find!アクティブラーナー」は2020年12月22日、教員向け動画「2020年 年間視聴回数ランキング」を発表。全動画無料会員登録のみで視聴できる。

教材・サービス 授業
2020年 年間視聴回数ランキング
  • 2020年 年間視聴回数ランキング
  • 全動画無料公開!冬休み、先生応援キャンペーン
 オンライン学習サービスを提供する「Find!アクティブラーナー」は2020年12月22日、教員向け動画「2020年 年間視聴回数ランキング」を発表。全動画無料会員登録のみで視聴できる。

 「Find!アクティブラーナー」は、アクティブラーナー(能動的学修者)の育成に関わるすべての者たちを対象にした総合情報サイト。アクティブラーニングなど、子どもたちの主体性を引き出す手法や、時流に沿って必須となる最新の教育情報を動画や記事、SNS、オンラインセミナーなどで発信している。

 教員向け動画「2020年 年間視聴回数ランキング」の1位は、アクティブ・ラーニング協会理事の寺裏誠司氏による講義「『今スグできる』教育機関専用オンライン授業導入・実践マニュアルオンライン授業導入編」。コロナ禍への対応としてオンラインツールで遠隔授業を始めたい先生に向けて、授業実施のポイントやツールの選定・導入方法などを詳しく伝えており、授業準備に活用できる内容になっている。

 2位は、アビリティトレーニング代表取締役の木下晴弘氏による講義「アクティブ・ラーニング基礎講座」。子どもたちのやる気をどうやって引き出していくかにスポットを当て、シリーズで届ける。3位は、メディアアーティスト/筑波大学デジタルネイチャー開発研究センター センター長の落合陽一氏による講演「インターネット時代のラボ教育」。最先端の光と音の研究から見えてきた、今の教育に必要なものを伝えている。

 4位は、追手門学院大手前中高等学校の福島哲也先生による授業「『学び合い』集団を作るアクティブ・ラーニング」。生徒が先生となり、クラス全員が理解するまで必死で教え続ける公立中の数学授業を紹介している。5位は、白鴎大学特任教授/ジャーナリストの下村健一氏による授業「想像力のスイッチを入れよう!」。情報を受け取るときに心に留めておきたい「4つのキーワード」に沿って、メディアとの関わり方をわかりやすく、楽し学べる授業を紹介している。

 このほか、6位が横浜創英中学校・高等学校の工藤勇一校長インタビュー「学校経営について」。7位が山形県鶴岡市立鶴岡第一中学校の佐賀井隼人先生による授業「苦悩から希望へ新任2年目の『学び合い』」。8位がプロ講師養成の第一人者の渋谷文武氏による講義「渋谷文武+Lecture!ワクワク感を持たせる惹きつけ方法編」。9位が八王子市立浅川小学校の清水弘美校長による授業「アクティブラーナーを育むたてわり班活動(前編)」、10位が三田国際学園中学校・高等学校の大野智久先生による授業「AL型授業 セットアップの仕方」。

 Find!アクティブラーナーでは、12月22日から2021年1月5日にかけて、「全動画無料公開!冬休み、先生応援キャンペーン」を開催。冬休み期間中の先生たちに向けて、通常有料の動画を含むすべてのコンテンツを無料で公開している。動画の視聴には無料アカウントの作成が必要。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top