教育業界ニュース

岐阜県立高の全生徒に「Surface Go」4万2千台導入

 日本マイクロソフトは2020年11月18日、岐阜県教育委員会がICTを活用した探究的な学びを推進するため、4万2,000台のノートPC「Surface Go」とOffice365ライセンスを県立高校の全生徒向けに導入すると発表した。

事例 ICT活用
Surface Go 2
  • Surface Go 2
  • Surfaceシリーズ導入機関
 日本マイクロソフトは2020年11月18日、岐阜県教育委員会がICTを活用した探究的な学びを推進するため、4万2,000台のノートPC「Surface Go」とOffice365ライセンスを県立高校の全生徒向けに導入すると発表した。

 岐阜県教育委員会は、岐阜県教育振興基本計画(第3次岐阜県教育ビジョン)に基づき、情報活用能力の育成などを目的としたICT環境の整備と利活用が推進されている。学習用端末には、さまざまなデジタル教材や教育アプリと高い親和性があるマイクロソフトのノートPC「Surface Go 2」の導入を決定した。

 2019年に「Surface Go」約4,000台、2020年に「Surface Go 2」約3万8,000台の計4万2,000台を導入。また、同数のOffice365ライセンスを導入し、2020年11月より全県立高校の生徒向け学習用端末として利用を開始する予定。教育機関におけるSurfaceの導入台数としては、国内最大規模となる。

 日本マイクロソフトは、岐阜県教育委員会が目指す「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けて、教育現場におけるICT環境整備とICTを活用した学習活動の充実を支援していくとしている。
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top