教育業界ニュース

オンライン海外インターン体験「世界しゃかいかけんがく」

 タイガーモブは、自治体コンソーシアム型オンライン留学プログラム「オンラインジャパンクラス(OJaC)」において、小中学生が在宅・遠隔で社会・海外体験ができる「世界しゃかいかけんがく」を提供する。OJaCは、経済産業省「未来の教室」実証事業にも採択されている。

教材・サービス その他
オンライン留学プログラム「オンラインジャパンクラス(OJaC)」
  • オンライン留学プログラム「オンラインジャパンクラス(OJaC)」
 タイガーモブは、自治体コンソーシアム型オンライン留学プログラム「オンラインジャパンクラス(OJaC)」において、小中学生が在宅・遠隔で社会・海外体験ができる「世界しゃかいかけんがく」を提供する。OJaCは、経済産業省「未来の教室」実証事業にも採択されている。

 OJaCは、不登校児童生徒のネットスクール「クラスジャパン小中学園」を運営するクラスジャパン学園が全国の17自治体と共同で実施するオンライン留学プログラム。経済産業省「未来の教室」実証事業(2019年度「学びと社会の連携促進事業」)にも採択されている。「どこで学んでも進路の妨げになることのない学びがいつもそばにある」未来を創るため、17自治体が学校、児童生徒、保護者、国、OJaCと連携し、そのための仕組みづくりに挑戦している。

 タイガーモブは、OJaCの社会科見学海外版として「世界しゃかいかけんがく」の企画・運営を担い、OJaC参加学生250名に未来が広がる機会を提供する。「世界しゃかいかけんがく」は、2020年11月から毎月計6回開催。家にいながら、視野が広がる新しい世界・社会との出会いを目的に、海外の企業で働く人々や、いろいろな職業の社会人などにオンラインで会いに行く。まだ見たことない人たちの、実際の仕事や働き方、生き方に触れ、視野を広げるだけでなく、さまざまな国の文化や産業についての理解も深める。

 カンボジア、スリランカ、シンガポール、フィジー、ケニア、トーゴからは起業家やそこで活躍する人々が登場。ミッションをもとに皆でアイデア出しを行い、良いアイデアは現地で実現する。さらに、インドネシア、シンガポール、ミャンマー、カンボジア、イスラエル、ルワンダ、ガーナ、アルゼンチンなどで海外インターンを経験した大学生や社会人からは海外インターン体験談を聞くことができる。
《外岡紘代》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top