教育業界ニュース

オンライン試験の不正行為をAIが監視、EduLab開発…英検も

 EduLabは2020年6月26日、オンライン試験の本人確認や不正行為を監視するシステム「Check Point Z」の開発を進めていると発表した。2020年夏から秋には製品化し、販売開始予定。

教材・サービス その他
オンライン試験監督システム「Check Point Z」
  • オンライン試験監督システム「Check Point Z」
  • オンライン試験監督システム「Check Point Z」
 EduLabは2020年6月26日、オンライン試験の本人確認や不正行為を監視するシステム「Check Point Z」の開発を進めていると発表した。2020年夏から秋には製品化し、販売開始予定。在宅で「英検」CBT版が受験可能となる新サービスの開発にも着手しているという。

 これまで、受験や各種検定試験は、教室や会場に集合する形式での試験実施がなされてきた。しかし、昨今の新型コロナウイルス感染症拡大により、人との距離を保って試験実施を行う手段として、在宅での受験や、テストセンター活用などの試験運用が求められている。一方で、在宅での受験やテストセンター活用は、確実に本人が受験しているかどうかの証明や、不正行為が行われていないかの監視などを厳密に行うことが難しいという側面があった。

 EduLabは、本人確認や不正行為を監視する、オンライン試験監督システム「Check Point Z」を開発することを決定した。試験実施中の受験者のようすやPCの操作ログなどをすべて記録し、AIと人によりそれらをチェックすることで、テスト受験者の受験中のようすを厳密に確認することができる。

 AIによるチェックは、目線の動きを追うアイトラッキングをはじめ、さまざまな技術を組み合わせることで実現する。人でも見落としてしまうような行動をチェックできるが、最終的には人の目でも受験者の挙動を確認することで、より厳密な本人確認や不正行為がチェックできる。

 2020年夏から秋には製品化し、販売開始予定。このシステムは、どんなテスト、試験にも対応することが可能なため、大学入試や検定試験といったハイステークスな試験でも、在宅で受験できる環境を実現していくとしている。すでに日本英語検定協会と共同で、在宅による「英検」CBT版が受験可能となる新CBTサービスについて、2020年度内の提供に向けた開発にも着手しているという。
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top