教育業界ニュース

DNP、SkyタブレットにAIドリル教材を搭載し提供

 大日本印刷は2020年4月7日、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」に向けて、小中学校向けの「DNP学びのプラットフォーム リアテンダント」のAIドリル教材を、Sky社の「Sky安心GIGAタブレット(スカイあんしんギガタブレット)」に搭載し提供することを発表した。

教材・サービス その他
Windowsタブレット端末へのAIドリル教材の搭載イメージ
  • Windowsタブレット端末へのAIドリル教材の搭載イメージ
  • 大日本印刷
  • Sky
 大日本印刷は2020年4月7日、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」に向けて、小中学校向けの「DNP学びのプラットフォーム リアテンダント」のAIドリル教材を、Sky社の「Sky安心GIGAタブレット(スカイあんしんギガタブレット)」に搭載し提供することを発表した。

 「リアテンダントAIドリル教材(GIGA対応版)」は、小中学校向けの算数・数学・英語のドリル教材。教材は、全国120自治体1,600校で採用実績のある日本コスモトピア社の教材をDNPにてデジタル化したもので、児童生徒の理解度に応じて復習問題を反復、または自動選択で表示する。追加で他科目や教材点数を増やすことも可能。オフラインでも利用できる。

 「Sky安心GIGAタブレット」は、Sky社が「GIGAスクール構想」の実現に向け、児童・生徒が学習活動で活用することを考慮したタブレット端末(6月販売開始)。文部科学省の方針に沿った「基本パッケージ」(3年間利用)と「応用パッケージ」(3~5年間利用)を用意している。児童生徒が扱いやすいよう、軽量でキーボードが脱着できる。Windows 10が搭載されており、これまで学校で蓄積されてきた教材データなどの資産も利用可能。

 今回、Sky安心GIGAタブレットに、リアテンダントAIドリル教材(GIGA対応版)を標準搭載し、先進自治体で実績のある教材やサービスを含めたパッケージとして、自治体向けに提供する。リアテンダントの自動採点機能と連携することで、学習履歴(スタディ・ログ)を用いた個別最適化学習にも活用できるようになる。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top