教育業界ニュース

【休校支援】遠隔授業ソリューション「LARK」無料提供

 Lark Technologiesは2020年4月2日、統合型コラボレーションツール「LARK」を国内の教育機関向けに無料提供することを発表した。遠隔授業を実現するビデオ会議など、さまざまな機能により教育現場をサポートする。

教材・サービス 授業
LARK
  • LARK
  • 教育機関でのLARKの利用イメージ
 Lark Technologiesは2020年4月2日、統合型コラボレーションツール「LARK」を国内の教育機関向けに無料提供することを発表した。遠隔授業を実現するビデオ会議など、さまざまな機能により教育現場をサポートする。

 「LARK」は、ユネスコに新型コロナウイルスの感染拡大に伴う学校閉鎖の影響を緩和する遠隔授業のソリューションの1つとして紹介されている統合型コラボレーションツール。授業を実現するビデオ会議だけでなく、チャット、カレンダー、ドキュメント作成と共有、ストレージなどさまざまな機能により教育現場をサポートする。

 クラス別に先生と生徒のチャットグループを作成し、チャットグループ内で連絡事項を伝えたり、投票機能を使って生徒にクイズを出したり、クラス内のコミュニケーション促進に活用できる。また、クラスチャットからワンクリックでオンライン授業に参加できる。

 遠隔授業は、ビデオ会議の機能で最大50名参加、1セッションあたり24時間まで利用できる。画面の共有や録画も可能。教職員間の会議や保護者会などさまざまな場面での会議でも活用できる。

 授業用の教材は、動画ファイルをアップロードして簡単に共有でき、各フォルダは教職員や生徒ごとに細かくアクセス権を設定し管理することが可能。授業予定や生徒との遠隔での面談スケジュールの管理や、モバイルアプリで簡単に学生の授業の出欠管理をすることもできる。生徒の質問や保護者からのよくある質問について、チャットボットを設定し自動的に回答することも可能。

 対応OSは、PCがWindows 7以上、macOS 10.10以上、スマートフォンがiOS 10.0以上、Android 5.3以上。ダウンロードは、LARKのWebサイトおよびApp Store、Google Playにて行える。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top