教育業界ニュース

ベネッセ、Hmcomm社と資本業務提携…AI開発に強み

 ベネッセホールディングスは2022年2月9日、AI開発に強みをもつHmcommと資本業務提携契約を締結したことを発表した。DX領域の商品やサービス、プログラム開発や業務効率の強化を目指す。

教材・サービス その他
ベネッセホールディングス
  • ベネッセホールディングス
  • ベネッセホールディングス
 ベネッセホールディングスは2022年2月9日、AI開発に強みをもつHmcommと資本業務提携契約を締結したことを発表した。DX領域の商品やサービス、プログラム開発や業務効率の強化を目指す。

 ベネッセは、中期経営計画で「コア事業の進化」と「新領域への挑戦」を掲げ、それらの中心的な戦略として「DXの推進」を位置づけている。

 2021年春より、全社横断的にDXを推進する組織「Digital Innovation Partners(DIP)」を社長直下に構築し、2021年11月には、50億円の投資枠をもつ「Digital Innovation Fund(DIF)」を設立した。DIFは、教育・生活・介護領域やDX関連ベンチャー企業への出資を行うことで、既存事業やサービスのさらなるDX推進と新規事業の共創を目指す。

 今回新たに資本業務提携したHmcomm社は、音により異常を検知する「異音検知システム」や「AI」による自動応答・テキスト化ができる「音声認識・自然言語解析処理システム」のコア技術による「AI×音」の分野において強みをもつ企業である。

 今後、Hmcomm社の高い専門性をもつエキスパートと、ベネッセ社内でデータ分析に取り組む共同プロジェクトチームを発足することで、「進研ゼミ」「こどもちゃれんじ」「学校向けアセスメント」「介護」等、さまざまな事業において、データの利活用やAI開発の推進をしていく。また、Hmcomm社の音声認識技術を活用することによって、コールセンターの業務効率および対応品質の向上を目指す。
《木村 薫》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top