教育業界ニュース

コロナ禍の若者、半数が無気力…3人に1人は対人スキル不安視

 日本赤十字社は、コロナ禍の生活が若者の将来への不安に与える影響を調査し、2022年1月6日に結果を公表した。若者の半数が、コロナ禍で「何もしたくなくなる、無気力」な気持ちに変化し、3人に1人が「関係構築」「対人スキル」への影響を不安視していた。

教育行政 その他
コロナ禍で生じた若者の気持ちの変化
  • コロナ禍で生じた若者の気持ちの変化
  • コロナ禍で生じた若者の気持ちの変化
  • コロナ禍が若者の「進路・就職」へ与える不安
  • コロナ禍が若者の「成長・経験」へ与える不安
  • コロナ禍で生じた気持ちの変化への若者の対処方法
  • 「学生」「保護者」「教職員」に向けたメッセージ
  • 相談窓口の案内
 日本赤十字社は、コロナ禍の生活が若者の将来への不安に与える影響を調査し、2022年1月6日に結果を公表した。若者の半数が、コロナ禍で「何もしたくなくなる、無気力」な気持ちに変化し、3人に1人が「関係構築」「対人スキル」への影響を不安視していた。

 「新型コロナ禍と若者の将来不安に関する調査」の対象は、日本全国の男女600人(高校生、大学生・大学院生、高校生の保護者、大学生・大学院生の保護者、高校教員、大学教員各100人)。新型コロナウイルスの感染者が日本国内で初めて確認されてから2年が経過するタイミングとなる2021年12月10日~12日、インターネットで調査した。

 2020年4月の緊急事態宣言から2021年9月の宣言解除までの期間に起きた若者の心の変化では、「何もしたくなくなる、無気力」がもっとも多く、高校生43.0%、大学生49.0%を占めた。ついで「孤独を感じ1人でいるのが不安」が高校生28.0%、大学生35.0%。「自分に価値を感じない、他者から必要とされない」(高校生27.0%、大学生20.0%)、「生きていることに意味を感じない、死を考える」(高校生18.0%、大学生11.0%)と、精神的に追い込まれた若者も存在した。

 一方、保護者はこれらの内容について相談された経験が少なく、「相談されたことにあてはまるものはない」との回答が高校生の保護者79.0%、大学生の保護者84.0%にのぼった。

 近い将来の進学や就職への不安に関しては、高校生は「受験や就職活動で苦労するのでは」42.0%、大学生は「進学先や就職先で評価されないのでは」31.0%がもっとも多かった。

 若者が抱く将来の社会生活に対する不安については、「新しい人間関係を築くのが困難」が高校生30.0%、大学生33.0%と最多。ついで「対人コミュニケーションスキルが身に付かない」高校生30.0%、大学生27.0%。集団生活で得られる経験に関連する不安が多かった。

 不安への対処方法では、「保護者と話し合った」は高校生15.8%、大学生23.5%、「学校の先生と話し合った」は高校生15.8%、大学生11.8%にとどまった。現状を乗り切る動きとして、「『何とかなる』とできるだけ楽観的に考えるようにした」(高校生24.6%/大学生30.9%)、「『これも貴重な体験の1つだ』と学びの機会として考えるようにした」(高校生10.5%/大学生22.1%)と、少しでも前向きにとらえようとする傾向は年齢が高まるにつれてみられた。

 調査結果を受けて、日本赤十字社医療センターの臨床心理士は「精神的な苦痛を抱えている高校生・大学生が一定数いることがわかりました。中でも特に多かったのは『無気力』や『孤独』という項目でした。また『死ぬことを考える』という項目に対し、高校生では18%、大学生では11%があてはまると回答していたことは見逃せません」とコメント。「学生」「保護者」「教職員」に向けてメッセージを発信するとともに、複数の相談窓口も紹介している。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

特集

page top