教育業界ニュース

エプソン、プロジェクションマッピング制作アプリ開発

 エプソンは、アプリケーションソフトウェア「プログラマッピング」を開発。2022年度商品化を視野に、教育現場での研究授業を順次開始する。

教材・サービス 授業
「プログラマッピング」使い方
  • 「プログラマッピング」使い方
  • エプソン
 エプソンは、アプリケーションソフトウェア「プログラマッピング」を開発。2022年度商品化を視野に、教育現場での研究授業を順次開始する。

 「プログラマッピング」は、簡単なプログラミングによりプロジェクションマッピングコンテンツ制作を行える、Chromebook専用アプリ。小学校低学年の児童でも使用できる。放送大学の中川一史教授と佐藤幸江客員教授が開発や研究授業を監修。

 同アプリケーションは、プロジェクターで投影する対象、ストーリーの2つを決めることから始め、プロジェクション対象の位置、コンテンツ内容の調整を経て作品を完成させていく。「表現」「鑑賞」を繰り返し行い、作品を制作する過程からプログラミング思考を育む。

 今回のリリースに伴い、神奈川県横浜市、福島県会津若松市、会津美里町の小学校にて、同アプリケーションを用いた研究授業を順次行う予定。
《高垣愛》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top