教育業界ニュース

DNPプラットフォーム、都立高全校へ導入

 大日本印刷(DNP)は2022年4月より、児童生徒の個別最適化した学習の推進や教員の働き方改革等を支援する学びのプラットフォーム「リアテンダント」を東京都立高校全校、中等教育学校、附属中学校の203校で提供することを決定した。

教材・サービス 授業
採点機能の特長
  • 採点機能の特長
  • らくらく採点機能
  • 校務支援システムとの連携
  • 学習データの見える化
 大日本印刷(DNP)は2022年4月より、児童生徒の個別最適化した学習の推進や教員の働き方改革等を支援する学びのプラットフォーム「リアテンダント」を東京都立高校全校、中等教育学校、附属中学校の203校で提供することを決定した。

 「リアテンダント」導入には、東京都教育委員会が「Society5.0」の実現に向け、学び方・教え方・働き方の3つの改革を実現する「TOKYOスマート・スクール・プロジェクト」を推進していること、その実現のため都立学校のICT環境整備を行っていることを背景に、採点の効率化と学習履歴データの活用等でも実績のある「リアテンダント」の導入が決定した。

 大日本印刷は、これまでに文部科学省の「次世代学校支援モデル構築事業」や総務省の「スマートスクール・プラットフォーム実証事業」等、先進的な実証事業に参画。また、東京都のBYOD(Bring Your Own Device)研究指定校7校に採点支援システムを提供し、採点の効率化で教員の働き方改革を支援し、採点時間を半分程度に短縮。うち2校では個別に最適化された学びや、学習履歴に基づくエビデンスベースの指導、授業の改善等に生かしていく実証研究を行う等の実績がある。

 大日本印刷は、今後も「リアテンダント」を導入する都立学校の「働き方改革」を支援し、研究で得た知見をもとに、教員の「教え方改革」、生徒の「学び方改革」を推進していけるよう、東京都教育委員会と連携していくとしている。
《川端珠紀》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top