教育業界ニュース

森のようちえん全国交流フォーラムin奈良10/30-31、オンラインも

 第16回目となる「森のようちえん全国交流フォーラム」が2021年10月30日と31日の2日間、奈良県国立曽爾青少年自然の家にて開催される。対象は、保育・幼児教育関係者ら。また、フォーラムのライブ配信を含むオンラインフォーラムの参加者も募集する。

イベント 教員
 第16回目となる「森のようちえん全国交流フォーラム」が2021年10月30日と31日の2日間、奈良県曽爾村の国立曽爾青少年自然の家を会場に開催される。保育・幼児教育関係者らを対象に、2DAYと1DAYそれぞれ参加者を募る。また、フォーラムのライブ配信を含むオンラインフォーラムの参加者も募集する。

 「森のようちえん」とは、自然体験活動を基軸とした子育て・保育、乳児・幼少期教育の総称。「森」「ようちえん」の名称にとらわれず、広義にとらえたフィールドでの自然体験を行う、0歳から7歳くらいまでの乳児・幼少期の子供たちを対象とした活動を全国に広める活動を展開している。

 2005年から毎年開催されてきた「森のようちえん全国交流フォーラム」だが、2020年は新型コロナウイルスの影響により開催を断念。今回、2年ぶりとなる第16回「森のようちえん全国交流フォーラム」を奈良県にて開催する。テーマは、「いのちの力 スイッチON!~幸福度が高まる保育・教育・社会を共に見つめる2日間~」。

 初日には森のようちえん全国ネットワーク連盟理事長・内田幸一氏による基調講演を、2日目には東京大学名誉教授・白梅学園大学名誉学長の汐見稔幸氏による特別講演を実施。また、さまざまなテーマの中から1つ選択して参加する分科会や、自然体験等を行う。

 1泊2日の全日程参加者は200名、10月30日または31日のいずれか1DAY参加者は各日50名募集。今回は子供たちは参加不可とし、大人のみで開催する。いずれも定員になり次第締め切る。申込みはWebサイトにて受け付けている。

 また、全国フォーラムの講演会のライブ配信等、オンラインで参加できる「おうちdeフォーラム」も同時開催。「おうちdeフォーラム」は、10月17日から12月19日の期間、実行委員会参加園がお勧めする分科会をリレー形式で開催していく。オンラインの定員は500名。先着順で受け付ける。

 各種プログラムの詳細や申込方法、参加費等は森のようちえんのWebサイトから確認できる。

◆森のようちえん全国交流フォーラム in 奈良
日程:2021年10月30日(土)、31日(日)
会場:国立曽爾青少年自然の家(奈良県宇陀郡曽爾村太良路1170)
対象:「森のようちえん」実践者および興味関心のある人、保育・幼児教育・学校教育・子育て支援等関係者、行政関係者、研究者、学生、青少年教育施設職員、自然体験活動団体や森林環境教育団体関係者等
定員:全日程200名、1DAY(日帰り)各50名(いずれも大人のみ先着)
参加費:全日程(NW会員)14,000円、(一般)16,000円/1DAY12,000円
※2日分の昼食代・オンラインフォーラム参加費・保険代を含む
宿泊費:1泊夕・朝食付き1,480円(税込)
※前泊可能、その場合は2泊夕・朝食付き2,660円(税込)
申込方法:森のようちえん全国ネットワーク連盟Webサイト内のフォーラムページから申し込む

◆おうちdeフォーラム
日程:2021年10月17日(日)~12月19日(日)
会場:オンライン開催(Zoom使用)
対象:「森のようちえん」実践者および興味関心のある人、保育・幼児教育・学校教育・子育て支援等関係者、行政関係者、研究者、学生、青少年教育施設職員、自然体験活動団体や森林環境教育団体関係者等
定員:全日程500名(先着)
参加費:10,000円(後日アーカイブ配信あり)
※10月8日(金)までの申込みは早割価格8,000円
申込方法:森のようちえん全国ネットワーク連盟Webサイト内のフォーラムページから申し込む
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

page top