教育業界ニュース

「LINE entry」授業進行に使えるプログラミング動画教材、無償公開

 LINEみらい財団は2021年9月28日、無償提供するプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」において、小学校のプログラミング授業の進行をサポートする動画教材を新たに開発、無償で公開した。YouTubeの公式チャンネルから誰でも視聴、活用できる。

教材・サービス 授業
LINE entry 動画教材無償公開
  • LINE entry 動画教材無償公開
  • LINE entry
 LINEみらい財団は2021年9月28日、無償提供するプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」において、小学校のプログラミング授業の進行をサポートする動画教材を新たに開発、無償で公開した。YouTubeの公式チャンネルから誰でも視聴、活用できる。

 LINEみらい財団は、デジタル社会において子供たちが身近なICTを使いこなし、自ら新たなものを創り出していく力を身に付けられるよう、2019年より無償のプログラミング学習プラットフォーム「LINE entry」の提供を開始。2020年度からの小学校におけるプログラミング教育必修化の流れを受け、「LINE entry」における学習指導要領に則った公式教材の提供や、LINE entryオフィシャルインストラクターによるオンライン出前授業の実施等、教育現場を積極的に支援している。

 一方で課題も山積する小学校でのプログラミング教育実施にあたり、現場の負担を軽減することを目的に、今回、小学校のプログラミング授業でそのまま使うことができる新たな動画教材を制作。LINE entryのYouTube公式チャンネルにて無償公開した。

 動画教材は「LINE entry」の公式教材をベースに、実際の授業を想定してナレーションが授業を進行するように制作されており、授業の開始から終了まで動画が授業全体をサポートする。提示された課題に対しどのようなプログラムを組めばいいか児童それぞれが考え取り組むワークや、児童自身で考えたプログラムをクラスで発表する時間を動画内に設ける等、授業が活発に進むよう設計されている。

 動画教材を使用することで、授業の進行方法の検討や準備等に関わる教員の負担軽減につながることが期待できる。さらに、授業中は動画のナレーションが授業を進行していくため、教員は児童の理解度の確認や、困っている児童のサポート等に集中することができるといったメリットもあるという。

 今回公開された動画教材は、小学4年生の算数「角」、5年生の算数「正多角形」、6年生の算数「拡大図・縮図」に対応した内容となっている。動画教材はすべて「LINE entry」のYouTube公式チャンネルから誰でも視聴、自由に活用できる。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top