教育業界ニュース

ラズパイ内蔵キーボード「Raspberry Pi 400」日本版

 ケイエスワイは2021年7月29日、キーボードにRaspberry Piの機能を内蔵した「Raspberry Pi 400」日本版を発売した。入荷数に限りがあるため、供給が安定するまでは1人1点に限り販売する。

ICT機器 授業
Raspberry Pi 400
  • Raspberry Pi 400
  • Raspberry Pi 400
  • Pi 400 日本版 スターター キット
 ケイエスワイは2021年7月29日、キーボードにRaspberry Pi(ラズパイ)の機能を内蔵した「Raspberry Pi 400」日本版を発売した。入荷数に限りがあるため、供給が安定するまでは1人1点に限り販売する。

 Raspberry Pi 400は、キーボードにRaspberry Piの機能を内蔵した新しいスタイルのRaspberry Pi。性能を改善したSoC(CPU)を採用し、Raspberry Pi 4より、さらに高性能になっている。一般的なパソコンのようにインターネット利用や、動画再生、ゲーム等のアプリが使える。また、「Scratch(スクラッチ)」「Minecraft(マインクラフト)」等、無料のプログラミング入門ソフトや本格的なプログラム開発が行えるソフトも用意されている。価格は9,790円(税込)。8月2日午前11時現在、在庫切れとなっている。

 Raspberry Pi 400単体では動作しないため、電源やSDカード、マウス、モニター、HDMIケーブル等を必要に応じて用意する。これらの必要なアクセサリー類が付属したセット「Pi 400 日本版 スターター キット」は、Raspberry Pi 400本体と、マウス、電源アダプター、HDMIケーブル、OS書込済のSDカードで構成される。あとはモニター(もしくはHDMI対応テレビ)を用意すれば、購入後すぐに使い始められる。価格は1万3,200円(税込)。8月2日午前11時現在、販売可能数量に達したため、販売を停止している。再入荷次第、販売再開予定。
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top