教育業界ニュース

大学等の前期授業、半分以上を対面で実施予定は約97.4%

 文部科学省は2021年7月2日、2021年度(令和3年度)前期の大学等における授業の実施方針等に関する調査結果を公表した。2021年度前期授業について、半分以上対面授業を実施する予定と回答した大学等は約97.4%。

教育行政 文部科学省
大学等における令和3年度前期の授業実施方針等に関する調査(参考データ)
  • 大学等における令和3年度前期の授業実施方針等に関する調査(参考データ)
  • 大学等における令和3年度前期の授業実施方針等に関する調査(参考データ)
 文部科学省は2021年7月2日、2021年度(令和3年度)前期の大学等における授業の実施方針等に関する調査結果を公表した。2021年度前期授業について、半分以上対面授業を実施する予定と回答した大学等は約97.4%。

 調査は、各大学等の2021年度前期授業の実施方針等について調査し、全国の状況を把握するために行われたもの。対象は、全国の国公私立大学(短期大学を含む)と高等専門学校。調査期間は2021年3月19日~31日、回答時点での2021年度の方針等について質問している。

 2021年度前期授業について、「全面対面」は387校(36.4%)、「ほとんど対面」は307校(28.9%)、「7割が対面」は188校(17.7%)、「半々」は154校(14.5%)等。半分以上を対面授業とする予定とした大学等は、1,064校中1,036校と全体の約97.4%にのぼる。

 対面・遠隔授業を併用するが、全体の半分以上を対面授業で行う予定の大学等のうち、約6割が学部や学年によって授業形態に差があると回答。実技・実習系の授業が多い学部では対面授業が多いとする回答や、大人数の講義が多い低学年では遠隔授業が多い傾向にあるとする回答が複数あった。一方で、1年生等に対して優先的に対面授業を行うという回答もあった。

 授業実施方針等について、自校の学生のほぼ全員または大多数が理解・納得していると回答する大学等は全体の8割以上。学内施設の利用を全面的に可能とする方針の大学等は全体の約6割で、残りの約4割では施設利用の一部を制限する予定であった。運動部活動は、約7割の大学等が感染対策を講じたうえで全面的に実施する方針。一部または全部を禁止するのは約1割。

 2021年春の卒業式は、998校(93.8%)が「実施」。入学式は1,007校(94.6%)が「実施」と回答した。また、入学式を「延期して実施」17校(1.6%)、「代替措置」25校(2.3%)、「実施せず」15校(1.4%)となっている。
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top