教育業界ニュース

立教大×NTT東日本、バーチャルキャンパス実現に向け協定締結

 立教大学大学院人工知能科学研究科と東日本電信電話(NTT東日本)東京事業部は2021年6月29日、新型コロナ禍における新たな学習環境であるバーチャルキャンパスの実現に向けた実証実験について相互協力協定を締結したことを発表した。

事例 企業×学校
立教大学
  • 立教大学
  • NTT東日本
 立教大学大学院人工知能科学研究科と東日本電信電話(NTT東日本)東京事業部は2021年6月29日、新型コロナ禍における新たな学習環境であるバーチャルキャンパスの実現に向けた実証実験について相互協力協定を締結したことを発表した。

 2者が連携して行う取組みは、新型コロナウイルスの影響等で、オンラインでの学習環境において不足しがちとなった学生同士のコミュニケーションや、キャンパスライフでの人間関係形成を補うこと等を目的に実施。立教大学がもつAI技術と、NTT東日本がもつネットワーク・プラットフォーム等を掛け合わせることで、バーチャルキャンパス上での円滑なコミュニケーション、共同学習・研究の実現を目指す。

 AI技術と高精度3Dモデルによるバーチャルキャンパス空間では、学生・教職員がリアルな3Dアバターを操作し、仮装教室で講義・グループワークを実施し、AI搭載ロボット「Virtual Droid」がティーチングアシスタントとしてVR空間で活動するといったことの実現を目指し開発を進めていく。将来的には、3DCG化の対象を教室から大学全体へと拡大し、立教大学の歴史的な施設をバーチャルキャンパスとして再現することも検討するという。

 立教大学およびNTT東日本は今後、他の大学等への展開や、教育分野以外のバーチャルオフィス・バーチャル観光等、幅広い分野への発展について検討・検証していくとしている。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top