教育業界ニュース

NEC、世界最小クラスのA4カラープリンタ・プリンタ複合機を発売

 NECは2021年6月28日、企業や官公庁、教育現場等に向けて、小型化・軽量化を追求した世界最小クラスのA4カラーページプリンタ「Color MultiWriter 4C150」およびA4カラープリンタ複合機「Color MultiWriter 4F150」を発売した。

ICT機器 校務
新製品プリンタ「Color MultiWriter 4C150」とプリンタ複合機「Color MultiWriter 4F150」
  • 新製品プリンタ「Color MultiWriter 4C150」とプリンタ複合機「Color MultiWriter 4F150」
  • NEC
 NECは2021年6月28日、企業や官公庁、教育現場等に向けて、小型化・軽量化を追求した世界最小クラスのA4カラーページプリンタ「Color MultiWriter 4C150」およびA4カラープリンタ複合機「Color MultiWriter 4F150」を発売した。

 新製品は、A4カラーページプリンタが幅410×奥行430×高さ255ミリ、A4カラープリンタ複合機が幅410×奥行430×高さ366ミリの超コンパクトモデル。従来機と比較して、高さを最大134ミリ、体積を最大39%小型化し、A4カラーページプリンタは高さ30センチのスペースがあれば設置可能。省スペース性が求められる病院・薬局の受付や官公庁の窓口、学校の教室内、自宅でのテレワークやオフィススペースの縮小を図る企業等、限られたスペースの中で日常的に大量の高速印刷やスキャンを必要とする現場における業務効率化を支援する。

 印刷速度も最大35%高速化し、1分あたり31ページの連続印刷を可能に。A4カラープリンタ複合機ではスキャン時の原稿読み取り速度を最大57%高速化し、1分あたりモノクロ両面45ページ・片面30ページ、カラー両面22ページ・片面15ページの読み取りを可能とした。学校の教室内では、生徒30人分の成果物のスキャンが約1分で完了する等、現場での業務効率化に貢献する。

 また、初期トナー量を増量し、従来機と比較してモノクロ・カラー約800ページからモノクロ約2,500ページ、カラー約1,500ページの印刷が可能となり、消耗品の交換工数の削減も支援する。無線LAN機能を標準搭載し、モバイル端末から直接印刷が可能。Windows端末からの印刷に加え、GIGAスクール構想により学校で導入が進んでいるChromebookやiPad等からの印刷にも対応している。

 プリンタ「Color MultiWriter 4C150」の希望小売価格は9万9,800円、出荷予定日は7月2日。プリンタ複合機「Color MultiWriter 4F150」の希望小売価格は13万9,800円、出荷予定日は9月9日。NECは、今後3年間で2製品合計1万5,000台の販売を目指すとしている。
《畑山望》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top