教育業界ニュース

東京都教委、公立学校教員採用案内…大学や説明会で配布

 東京都教育委員会は、東京都公立学校の教員を目指す人に向けた「2021年度(令和3年度)東京都公立学校教員採用案内(東京の先生になろう)」を作成した。大学の教職センターなどのほか、教員採用候補者説明会で配布する。

教育行政 教育委員会
東京都公立学校教員採用案内
  • 東京都公立学校教員採用案内
  • 東京都公立学校教員採用案内(技術科・工業科編)
  • 東京の先生になろう(高校生編)
 東京都教育委員会は、東京都公立学校の教員を目指す人に向けた「2021年度(令和3年度)東京都公立学校教員採用案内(東京の先生になろう)」を作成した。大学の教職センターなどのほか、教員採用候補者説明会で配布する。

 「東京都公立学校教員採用案内(東京の先生になろう)」では、東京都が目指す教育、東京都が求める教師像、教育施策、現場教員の声、任用制度、キャリアアップ、研修制度やサポート体制、福利厚生制度などについて紹介している。

 2021年度版では、学び方・教え方・働き方の三大改革「TOKYO スマート・スクール・プロジェクト」についても掲載。働きやすい職場環境整備に向けた取組みのページを拡充した。また、別冊版として、技術科・工業科の教員を特集した「技術科・工業科編」と、大学進学前の高校生に向け将来の職業選択のひとつとして教員の魅力を発信する「高校生編」を作成した。

 「2021年度 東京都公立学校教員採用案内(東京の先生になろう)」は、全国の教員免許状が取得可能な大学の教職センターなどに配布するほか、教員採用候補者説明会で配布する。「高校生編」は、都内高校の進路指導室などへの配布を予定。いずれも東京都教育委員会のWebサイトにも掲載されており、閲覧できるようになっている。なお、新型コロナウイルス感染症の拡大状況などにより説明会を実施できない場合は、別途配布方法を決定する。

 東京都教育委員会は2021年度より、幼稚園教諭免許保有者の小学校教員免許取得支援事業を新たに実施する予定。また、新しく開設したインスタグラムを活用し、小学校教員免許取得支援事業とあわせて、教員のやりがいや東京都教育委員会の施策を漫画などで発信していくという。
《外岡紘代》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top