教育業界ニュース

NTT Com「まなびポケット」申込ID数が100万突破

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2020年12月14日、クラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」の申込ID数が100万IDを突破したことを発表した。また来春には、定額制コンテンツサービス「まなホーダイ」を提供予定。

教材・サービス 授業
まなびポケット
  • まなびポケット
  • 「まなホーダイ」に参画予定の学習コンテンツ事業者
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2020年12月14日、クラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」の申込ID数が100万IDを突破したことを発表した。また来春には、定額制コンテンツサービス「まなホーダイ」を提供予定。

 NTT Comが提供する「まなびポケット」では、クラウド上において、授業支援・協働学習支援ツール、個別学習支援教材、英語やプログラミングの学習教材などさまざまなサービスを提供している。2020年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により休校中の児童生徒や教職員を支援する「まなびをとめない」施策として、提携コンテンツと共に無償で提供するなど、ICTを利活用した学習継続に貢献。また同時に、NTT Comは小中学生の学習向けパソコンと「まなびポケット」、端末管理ツールをパッケージ化した「GIGAスクールパック」を提供し、急速に拡大する教育ICT環境の整備ニーズにも対応している。

 このような背景の中、「まなびポケット」は2020年12月時点で330以上の自治体、2,700以上の学校から申込みを受け、100万IDを突破。また来春には、多種多様な学習コンテンツが従来よりも安価に利用可能になる定額制コンテンツサービス「まなホーダイ」を提供予定。

 「まなホーダイ」では、教職員・児童生徒が日々の授業・学習の内容に応じて教材を自由に選択することを可能にするとともに、学習コンテンツ事業者に定量・定性両面でのフィードバックを実現する機能を提供していく。加えて、サービスの使用方法などの教職員向け週次セミナー、教育現場での利活用事例集の展開、蓄積した学習データの利活用サポートなども継続的に行うとしている。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top