教育業界ニュース

請求から会計管理までワンストップ、エンペイ・コドモン連携

 集金業務のキャッシュレス化を実現するFintech×SaaSプラットフォーム「enpay(エンペイ)」を提供するエンペイは2020年12月8日、コドモンの提供するICTシステム「CoDMON(コドモン)」との連携を開始することを発表した。

教材・サービス 校務
「コドモン × enpay」の連携イメージ
  • 「コドモン × enpay」の連携イメージ
  • enpay(エンペイ)
  • CoDMON(コドモン)
 集金業務のキャッシュレス化を実現するFintech×SaaSプラットフォーム「enpay(エンペイ)」を提供するエンペイは2020年12月8日、コドモンの提供するICTシステム「CoDMON(コドモン)」との連携を開始することを発表した。

 enpayは、パソコンとスマホを活用し、紙や現金をやり取りすることなく請求・支払いができる、保育園・こども園・幼稚園・学校・塾・習い事教室などに特化した集金業務支援サービス。

 CoDMONは、保育園・幼稚園・学童・スクール・小学校などの、こども施設で働く先生の毎日をサポートするICTシステムである。

 今回のAPI連携により、エンペイの管理画面上にワンクリックでコドモンの登降園管理や延長料金の自動計算などの請求情報が取り込めるので、請求から会計管理までワンストップでの業務が可能になった。これにより、通常の業務フローの中で請求業務に煩わされることもなく、さらなる業務負担軽減が実現する。

 コドモン代表取締役の小池義則氏は、「現場業務のさらなる負担軽減が実現すると期待しています」とコメント。エンペイ代表取締役の森脇潤一氏は、今回のアライアンスを通じて「多くのこども施設の皆さまに価値を届けて参りたい」と述べている。
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

特集

page top