教育業界ニュース

GIGAスクール構想支える「ICT支援員Web講習会」開催

 ICT支援員普及促進協会は2020年11月9日~2021年1月17日の期間、政府の「GIGAスクール構想」実現による急激な人材需要に対応するべく「ICT支援員Web講習会」を開催する。受講申込みは10月19日より受け付ける。

教材・サービス その他
ICT支援員について
  • ICT支援員について
  • ICT支援員普及促進協会
  • 文部科学省「パンフレット「ICT支援員の配置を」
 ICT支援員普及促進協会は2020年11月9日~2021年1月17日の期間、政府の「GIGAスクール構想」実現による急激な人材需要に対応するべく「ICT支援員Web講習会」を開催する。受講申込みは10月19日より受け付ける。

 「ICT支援員」は、学校の先生や子どもたちのICT活用を支える専門職。これまでも文部科学省は「ICT支援員は不可欠な存在」としてきたものの、教育現場におけるICT環境整備自体が進まず、ICT支援員の配置も進んでいなかったという。ところがコロナ禍により政府の「GIGAスクール構想」が急加速し、当初、2023年度(令和5年度)までに予定されていた「全国の小中学校の児童生徒1人1台の端末整備」が、オンライン学習等への対応のため大幅に前倒しされ進められている。

 こうした状況を受け、全国の教育委員会から「ICT支援員」の募集が急増することが想定されるが、現在ICT支援員として活躍できる人材は全国に約2,000名~3,000名程度しかいないとされており、人材の育成が急務となっている。

 「ICT支援員Web講習会」では、ICT支援員に必要な知識を習得するためのコンテンツをWeb上で講習することが可能。1時間目「ICT支援員の役割」、2時間目「校内のICT環境」、3時間目「ICT支援員が意識すべきこと」という3つのコンテンツを通して、ICT支援員の仕事内容からICT機器やソフトウェア、情報セキュリティ、情報モラルまで、必要となる知識を身に付けることができる。

 Webコンテンツのため、期間中であればいつでも受講可能。理解が深まるまで何度も繰り返し履修でき、次のコンテンツに進むための確認テストも用意されている。すべてのコンテンツを受講し、最終確認テストを終了した受講者には、自治体のICT支援員募集条件のひとつになっている「ICT支援員Web講習会ブロンズコース終了証」が発行される。

 受講費は6,200円(税込)で、ICT支援員普及促進協会の年会費4,000円を含む。すでに会員費を納めている場合は、差額の2,200円で受講できる。協会入会後は、会員による定期ミーティングによる情報共有や、困ったときに相談できる各種支援も利用することができるという。申込みは10月19日よりWebサイトで受け付ける。

◆ICT支援員Web講習会
講習期間:2020年11月9日(月)~2021年1月17日(日)
対象:
(1)ICT支援員の基礎知識習得に興味のある人
(2)技能習得を必要とする人(教育委員会、自治体、学校の教職員、今後ICT支援員として業務を行う予定がある、業務を希望する人など)
受講費:6,200円(税込)
※ICT支援員普及促進協会の年会費(4,000円/2021年3月31日まで有効)を含む。すでにICT支援員普及促進協会の2020年度年会費を納入している会員は2,200円(税込)で受講可
申込期間:2020年10月19日(月)~2021年1月8日(金)
申込方法:Webサイトの申込フォームから申し込む
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top