教育業界ニュース

教育関係者向け非認知能力成長支援サービス「EdvPath」

 EdvFutureは2020年9月1日、教育関係者向けの、生きる力を育む非認知能力成長支援サービス「EdvPath」をリリースした。生徒1人あたり300円(税別)にて提供スタート。無料でお試しも可能。

教材・サービス その他
EdvPath
  • EdvPath
  • 生徒ひとりひとりが持つ能力や個性を一元管理
  • コーチングプラン
  • カリキュラムを提供
 EdvFutureは2020年9月1日、教育関係者向けの、生きる力を育む非認知能力成長支援サービス「EdvPath」をリリースした。生徒1人あたり300円(税別)にて提供スタート。無料でお試しも可能。

 EdvFutureは「未来ある子どもの情報格差をなくして、自ら意思決定できる人を増やす」をミッションに生徒ひとりひとりの新たな可能性を広げるためのITサービスとして「EdvPath」をリリースした。

 非認知能力とは、「測ることができない、個人の特性による能力」で具体的には、「目標に向かって頑張る力」「人とうまくかかわる力」「感情のコントロール力」などのこと。2020年の教育改革でも重要視されている能力のひとつだ。

 「EdvPath」サービスを利用することで、これまで主観で行っていた生徒への指導をデータ活用し、より適切に指導することができるうえ、先生が紙やExcelで生徒のデータを属人的に管理していたのを、生徒ひとりひとりが持つ能力や個性を一元管理できる。

 また、生徒に対し学習指導要領に沿った画一的な指導から生徒の能力を知ったうえで、コーチングプランを実施し適切な指導が可能となる。

 さらに、「総合的な探求の授業」で非認知能力を養うためのSEL・EQ、モチベーション、GRITなどのカリキュラムを提供し、非認知能力を育成するための環境作りを行うことができる。

 導入初期費用は無料で、月額費は生徒1人につき300円(税別)。「EdvPath」Webサイトからメールアドレスや所属学校など必須項目を入力のうえ、問合せが可能。担当者より3営業日以内に連絡がある。
《鈴木あさり》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top