教育業界ニュース

早大副総長・慶應SFC学部長「これからの大学入試 開発会議」10/10オンラインセミナー

 日本アクティブラーニング協会は2020年10月10日、これからの大学入試のあるべき姿を考えるセミナー「これからの大学入試 開発会議」をオンラインで開催する。セミナーには早稲田大学の須賀晃一副総長と慶應義塾大学環境情報学部の脇田玲学部長が登場する。

イベント 教員
これからの大学入試 開発会議
  • これからの大学入試 開発会議
  • Feelnote
  • The Admissions Office
 日本アクティブラーニング協会は2020年10月10日、これからの大学入試のあるべき姿を考えるセミナー「これからの大学入試 開発会議」をオンラインで開催する。セミナーには早稲田大学の須賀晃一副総長と慶應義塾大学環境情報学部の脇田玲学部長が登場する。

 JAPAN e-Portfolioの運営許可取り消しなど、大学入試改革において混乱した状況が続いている。日本アクティブラーニング協会は、国主導での仕組み作りの限界が見え始めていることから、大学入試のあるべき姿は、有志の力で形にしていく必要があると考え、実現に向けたアクションをとるため、セミナー「これからの大学入試 開発会議」を開催することにした。

 今回は、グローバル戦略に基づいて入試改革を推進する早稲田大学から須賀晃一副総長と、日本で最初にAO入試を始め、今なお進化を続ける慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の脇田玲学部長が特別出演。「大学入試のあるべき姿」を徹底議論し、実現に向けてアクションを行っていく。

 慶應義塾大学の脇田玲学部長は、「慶應SFCが考える大学入試のあり方」について、早稲田大学の須賀晃一副総長は「早稲田大学が入試改革を実行する理由」について講演。さらに、日本アクティブラーニング協会の相川秀希理事長を交え、「これからの大学入試 開発会議」について討論する。

 「これからの大学入試 開発会議」は、オンラインセミナー形式での実施となり、事前申込みをするとだれでも参加は可能。対象は教育関係など。参加は無料。申込方法はWebサイトから行う。当日の具体的な参加方法は、申込者にメールで知らせる。

 セミナー後は、日々の活動をアーカイブしてポートフォリオ作成を支援する学習サービス「Feelnote」と、学生が1つのフォームで複数の大学に出願できる世界標準のWeb入試コンソーシアム「The Admissions Office」において、実際に機能開発を行う。

◆これからの大学入試 開発会議
日時:2020年10月10日(土)14:00~16:00
場所:オンラインで開催
申込方法:Webサイトから申し込む
参加費:無料
《田中志実》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top