教育業界ニュース

凸版、小中学校向けICT学習サービス…2021年4月提供開始

 凸版印刷は2021年4月より、多様な学習体験を統合した小中学校向けの新たなICT学習サービス「navima(ナビマ)」を提供開始する。主要5教科に対応。価格はオープン価格。

教材・サービス 授業
「navima」使用イメージ (c) Toppan Printing Co., Ltd.
  • 「navima」使用イメージ (c) Toppan Printing Co., Ltd.
  • 「navima」のサービスイメージ (c) Toppan Printing Co., Ltd.
 凸版印刷は2021年4月より、多様な学習体験を統合した小中学校向けの新たなICT学習サービス「navima(ナビマ)」を提供開始する。主要5教科に対応。価格はオープン価格。

 「navima」は、現在提供中のICT学習サービス「やるKey」のアダプティブドリルをベースに、機能や対応教科を大幅に拡張した新しいICT学習サービス。前身の「やるKey」は、タブレット端末を活用したアダプティブ型デジタル教材で、全国の小学校100校以上で採用・活用されている。

 「navima」では、間違え方に応じて最適な問題を推奨する従来の「レコメンド機能」に加え、わからない問題を解説する動画やチャットボットなどの「お助け機能」を追加することにより、子どもが問題を自分で選び、自分のペースで学習することが可能に。また先生向けに、クラスの習熟度が一覧で把握できる従来の「ヒートマップ機能」に加え、授業中の子どもがどこで躓いているのかリアルタイムで把握できる機能を新たに搭載する。

 教科は、算数/数学・国語(読解・漢字)・理科・社会・英語の主要5教科に対応。理科・社会では、子どもたちがデジタルのカードに自由記述しクラス全体で共有できる機能と、その内容を先生が簡易に採点し観点別に集計できる機能を、教科書に準拠した「探求学習」のコンテンツや指導案とともに提供。国語では、読解力の醸成を目的とした新しいドリルサービスや、漢字学習と同時に語彙も習得できるドリルサービスを提供する。

 価格はオープン価格。なお、「やるKey」は「navima」の提供開始に伴い、2021年3月で新規提供を終了する。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top