教育業界ニュース

Google教育グローバルイベント「The Anywhere School」8/12

 Google for Educationは2020年8月12日、世界各国の教育コンテンツを全世界に向けて発信するグローバルイベント「The Anywhere School」を開催する。新製品の発表や、教育指導者によるトークセッションなど内容は多岐に渡る。申込みはWebサイトで受け付けている。

イベント 教員
Google for Education「The Anywhere School」
  • Google for Education「The Anywhere School」
  • アメリカのスケジュール(一部)
  • アジア太平洋のスケジュール(一部)
  • ヨーロッパのスケジュール(一部)
 Google for Educationは2020年8月12日、世界各国の教育コンテンツを全世界に向けて発信するグローバルイベント「The Anywhere School」を開催する。新製品の発表や、教育指導者によるトークセッションなど内容は多岐に渡り、さまざまな国の取組みを学ぶことができる。申込みはWebサイトで受け付けている。

 「The Anywhere School」は、24時間に渡り世界各国のコンテンツを届けるライブストリームイベント。Google for Educationの新機能の発表やライブデモ、各国の教育指導者によるトークセッション、最新の取組み事例の紹介など豊富な内容となっている。

 特に、「ラテンアメリカ:コロナ後の世界における教育の拡大~コロンビア、メキシコ、エルサルバドルからの視点」「韓国:ニューノーマルのための学校改革」「香港:コロナ後の時代におけるeラーニングの継続」「フィンランド:コロナ時代におけるイノベーションと創造性」など、ウィズコロナ・アフターコロナ時代の教育に向けた取組みを多く紹介。そのほか、「ハイブリッド学習」「変化の時代」といったキーワードも取り上げられている。

 日本からは、町田第五小学校五十嵐俊子校長、奈良市教育委員会らが登壇し「GIGAスクールの計画と取組み」について伝える。各国のスピーカーは、政府教育担当者や企業担当者、教員、生徒など。幅広い視点から、教育とテクノロジーの未来を考え、学び、探求していく機会を提供する。

 申込みにはGoogleアカウントが必要。各コンテンツはライブストリームの配信直後からオンデマンドで視聴することもできる。なお、すべてのセッションで字幕表示が可能。Q&Aフォームが有効になっている場合は、ライブで質問することもできる。

◆The Anywhere School
日時:2020年8月12日(水)3:00~8月13日(木)1:30
対象:教育関係者など
申込方法:Google for EducationのWebサイトから申し込む
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top