教育業界ニュース

近代科学社、教科書の電子版を無償提供…遠隔授業向け

 近代科学社は2020年4月20日、新型コロナウイルス感染防止のための遠隔講義の要望を受け、大学の教科書として採用されている同社書籍の電子版PDFを5月31日まで無償で提供することを発表した。

教材・サービス 授業
近代科学社「大学教科書PDFの無償提供」
  • 近代科学社「大学教科書PDFの無償提供」
  • 対象タイトル
  • 対象タイトル
  • 利用要件
 近代科学社は2020年4月20日、新型コロナウイルス感染防止のための遠隔講義の要望を受け、大学の教科書として採用されている同社書籍の電子版PDFを5月31日まで無償で提供することを発表した。対象となる書籍は、「はじめての離散数学」など72点。

 新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、多くの大学や高等専門学校、短期大学で入校禁止措置が取られ、学内店舗での教科書購入が難しい状況となってる。また、在宅学習や遠隔講義が開始し、学生の手元に学びの基本となる教科書がないまま講義を受けなければならない状況が発生している。

 近代科学社の書籍を教科書として採用している複数の大学の先生から、教科書を購入できていない学生に、購入できるまでの間、電子版PDFの利用許諾を求める依頼があった。そこで同社は、この状況を少しでも改善しようと、5月31日までの期間限定で、書籍の電子版PDFを無償で提供することとした。

 対象となる書籍は、「基礎からスッキリわかる微分積分」「Microsoft Office 2019を使った情報リテラシーの基礎」「改訂新版 よくわかるC言語」「はじめての離散数学」「ファーストステップITの基礎」など全72点。

 利用要件は、当該書籍(紙版)が教科書採用品で、かつ同社に注文済みであること(返品済みの場合は不可)。教科書が購入できる状況に戻った際は、学生が購入すること。営利目的ではないこと。履修している学生のみが利用(ダウンロード)できること。無償提供するPDFは、書名・出版社名を明記し、使用大学の学校名なども明示すること。プリントは不可。

 申込みは、近代科学社のWebサイトで受け付けている。
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top