教育業界ニュース

高校「情報」免許保有者を計画的に採用…文科省が通知

 文部科学省は2021年11月29日、2022年度(令和4年度)からの高等学校情報科の着実な実施に向けて、事務連絡を発出した。高等学校教諭免許状「情報」保有者の計画的な採用、配置の工夫、現職教員の免許状取得の促進による専門性の向上を求めている。

教育行政 文部科学省
令和4年度からの新高等学校学習指導要領の着実な実施に向けた高等学校情報科担当教員の採用・配置の促進・専門性の向上について(概要)
  • 令和4年度からの新高等学校学習指導要領の着実な実施に向けた高等学校情報科担当教員の採用・配置の促進・専門性の向上について(概要)
  • 高等学校情報科担当教員に関する現状について
 文部科学省は2021年11月29日、2022年度(令和4年度)からの高等学校情報科の着実な実施に向けて、事務連絡を発出した。高等学校教諭免許状「情報」保有者の計画的な採用、配置の工夫、現職教員の免許状取得の促進による専門性の向上を求めている。

 高等学校の各学科に共通する教科「情報科」は、新高等学校学習指導要領に基づき、2022年度より指導内容をより充実させた共通必履修科目「情報I」が新設され、これまで以上に指導体制の充実が求められる。大学入試でも2025年度(令和7年度)大学入学共通テストから「情報I」を出題することが決まっている。

 2020年度(令和2年度)に文部科学省が実施した調査によると、共通教科情報科を担当している教員5,072人のうち、1,210人が高等学校教諭臨時免許状(情報)や免許外教科担任の許可を受けた者であった。一方、高等学校教諭普通免許状「情報」を保有しているものの、情報科以外を担当している教員は6,064人いた。

 文部科学省では、これらの状況を踏まえ、都道府県・指定都市教育委員会に対し、11月29日付で事務連絡を発出。2022年度からの新学習指導要領の円滑な実施に向けて、共通教科情報科担当教員の専門性向上に努めるよう要請した。

 具体的には、「今後の高等学校教諭免許状『情報』保有者の計画的な採用の実施」「『臨時免許状の授与や免許外教科担任の許可を受けた教員』が担当している授業を『高等学校教諭普通免許状情報を保有しているが、情報科を担当していない教員』が担当できるよう配置の工夫」「現職教員の高等学校教諭普通免許状情報取得の促進」等を通じた工夫・改善を求めている。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top