教育業界ニュース

SDGsとキャリア教育の融合「学校ブックオフ」プロジェクト開始

 ブックオフグループホールディングスは、キャリア教育事業の開発、普及を推進している日本文化教育推進機構と共同で、全国の小学生を対象に「SDGsとキャリア教育」の融合プログラム「学校ブックオフ」プロジェクトの募集を開始した。

教材・サービス 授業
「学校ブックオフ」査定体験オンライン授業のようす
  • 「学校ブックオフ」査定体験オンライン授業のようす
  • 「学校ブックオフ」査定体験オンライン授業のようす
  • 教材データ・ツール一式を提供
  • 「学校ブックオフ」プログラム内容
 ブックオフグループホールディングスは、キャリア教育事業の開発、普及を推進している日本文化教育推進機構と共同で、全国の小学生を対象に「SDGsとキャリア教育」の融合プログラム「学校ブックオフ」プロジェクトの募集を開始した。このプロジェクトはこれまでに、全国の小学校60クラスで実施しており、好評を得ているという。今回は2022年度の実践校を募集している。

 「学校ブックオフ」プロジェクトは、ブックオフグループのリユース事業をカリキュラム化したもので、プロの査定方法を学び、仕入れ、広報、営業、経理と学校内でリアルな店舗運営を体験することで、楽しみながら「循環型社会」の在り方を学べる生きた「キャリア教育」となっている。

 また「学校ブックオフ」プロジェクトでは、子供達がプロジェクト活動を通して課題に思ったこと、乗り越えたいこと、解決したい疑問等は、双方向オンライン通信で実際の店舗スタッフのフォローアップを受けられる。授業で使用する教材データ、指導案、ワークシート、学校ブックオフの時に使用する仮想通貨「ブッカ」、店舗のぼり制作用のロゴデータ、オリジナルTシャツ等の教材データ、ツール一式はすべて提供される。

 子供達はブックオフでモノを売ったり、買ったりする行動そのものがモノの寿命を延ばし、捨てるモノを減らすという社会貢献に繋がっていることを体験の中で学ぶことができる。またSDGsの目標12「つくる責任、つかう責任」を達成させることにおいても非常に重要な役割を担っているとしている。

 ブックオフは、このプロジェクトを通して我慢して窮屈に生活をするのではなく、暮らしを楽しみながら、無理なくゴミを削減しモノが循環するサスティナブルな社会の在り方を、子供たちに伝えていきたいとしている。
《編集部》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top