教育業界ニュース

いじめの早期発見・解決策となる事例紹介9・10月…先着50名

 アディッシュとその子会社のアディッシュプラスは2021年9月29日と10月12日、教育関係者向けに、いじめの早期発見・解決策にいじめ匿名連絡サイト「スクールサイン」を活用している自治体担当者による事例紹介イベントを開催する。

イベント 教員
スクールサイン
  • スクールサイン
  • アディッシュ
 アディッシュとその子会社のアディッシュプラスは2021年9月29日と10月12日、教育関係者向けに、いじめの早期発見・解決策にいじめ匿名連絡サイト「スクールサイン」を活用している自治体担当者による事例紹介イベントを開催する。

 「スクールサイン」は、子供がいじめや悩みごとを学校に連絡できるいじめ匿名連絡サイト。今回開催するイベントでは、県立の全中学校・高等学校・特別支援学校82校で導入している熊本県教育委員会と、市立の全中学校15校(児童自立支援施設に設置の1校を除く)で導入している春日井市教育委員会の担当者が、導入の背景や趣旨、活用事例・効果等を紹介する。

 イベントは第1回が9月29日、第2回が10月12日で、オンラインにて実施される。参加した自治体には、一部のモデル校へ「スクールサイン」を2022年3月まで無償で提供する。なお、第2回は、第1回を録画した内容の動画再生となる。登壇者への質問を希望する者は第1回に申し込むこと。

 参加無料。申込みは、Webサイトにて受け付けている。定員は先着50名。締切りは、第1回開催分が9月27日、第2回開催分が10月8日。

◆いじめの早期発見・解決策となる自治体による事例紹介
日時:
<第1回>2021年9月29日(水)13:30~14:40
<第2回>2021年10月12日(火)14:00~15:10
※第2回は、第1回を録画した内容の動画再生となる
形式:オンライン(Zoom)
対象:生徒指導・人権教育等に携わる自治体・教育委員会の担当者
募集人数:先着50名
締切:
<第1回開催分>2021年9月27日(月)
<第2回開催分>2021年10月8日(金)
参加費:無料
申込方法:Webサイトにて申し込む
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top