教育業界ニュース

スタディサプリ、学習塾向けにサービス提供開始

 リクルートは2021年9月15日、全国の学習塾向けにオンライン学習サービス「スタディサプリ」の提供を開始することを発表した。個別最適化学習で、塾においても教育環境の向上を支援する。

教材・サービス その他
スタディサプリ 塾・予備校向けサービス
  • スタディサプリ 塾・予備校向けサービス
  • 塾向けスタディサプリの活用全体像
 リクルートは2021年9月15日、全国の学習塾向けにオンライン学習サービス「スタディサプリ」の提供を開始することを発表した。個別最適化学習で、塾においても教育環境の向上を支援する。

 「スタディサプリ」は、ひとりひとり異なる学びの理解度に合わせて、最適化された学びを提供するオンライン学習サービス。2012年のサービス開始からインターネットを通じ学習コンテンツを低価格で提供しており、全国の高校2,000校での導入等、多くの人に活用されているという。

 今回、スタディサプリは全国の学習塾向けに提供を開始。テクノロジーを用いた生徒ひとりひとりの弱点把握と、個別最適化された学習内容の提供で生徒の成績を上げるサポートをする。

 学習塾向けに提供する機能の1つである「単元テスト」は、Web上で配信・回答ができ、各単元の内容の理解度を網羅的に測ることができる。生徒の学習状況を可視化するシステム「スタディサプリ for TEACHERS」では、単元テストの結果から、生徒の学習理解度を確認・分析することが可能。

 また、小学校4年生から高校3年生までの講義動画すべてを視聴可能。単元テストの小問が対応する講義動画と紐づいているため、把握した弱点に合わせた効率的な学習が可能となる。この他、生徒とのコミュニケーション機能やアンケート機能も利用できる。

 初年度である2021年度は、2022年3月末までの利用で、全国約240教室の塾での導入が決定している。導入に関する問合せは、Webサイトにて受け付けている。
《桑田あや》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top