教育業界ニュース

数理・データサイエンス・AI教育、認定プログラム78件に

 内閣府と文部科学省、経済産業省は2021年8月4日、2021年度「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」第2回として、67件を認定した。第1回とあわせた78件のうち、先導的で独自の工夫・特色を有する認定教育プログラム11件も選定している。

教育行政 文部科学省
数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)概要
  • 数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度(リテラシーレベル)概要
  • 第2回認定結果
  • 2021年度「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)プラス」の選定結果
  • 「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)プラス」選定プログラム
 内閣府と文部科学省、経済産業省は2021年8月4日、2021年度「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)」第2回として、67件を認定したと発表した。第1回とあわせた78件のうち、先導的で独自の工夫・特色を有する認定教育プログラム11件も選定している。

 「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)認定制度」は、学生の数理・データサイエンス・AIへの関心を高め、それを適切に理解し活用する基礎的な能力を育成するため、数理・データサイエンス・AIに関する知識と技術について体系的な教育を行う大学等の正規の課程(教育プログラム)を文部科学大臣が認定および選定して奨励するもの。

 2021年3月17日から5月14日までの間、大学・短期大学・高等専門学校を対象に公募を行い、78件の申請があった。このうち、4月までに申請があった11件については、6月30日に第1回として認定している。今回は、5月以降に申請があった67件を第2回として認定した。これにより、数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)の認定教育プログラムは78件になった。

 また、認定された78件の教育プログラムの中から、先導的で独自の工夫・特色を有するものとして11件を「数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)プラス」とした。北海道大学、東北大学、筑波大学、千葉大学、滋賀大学、九州大学、山陽小野田市立山口東京理科大学、北海道医療大学、金沢工業大学、久留米工業大学、長岡工業高等専門学校のプログラムを選定している。

 認定有効期限は2026年3月31日まで。認定プログラムの一覧、数理・データサイエンス・AI教育プログラム(リテラシーレベル)プラス選定プログラムの取組概要等は、文部科学省Webサイト等から確認できる。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top