教育業界ニュース

高校入試対策アプリ「aim@」学習塾向け

 メイツは、全国47都道府県の公立高校入試問題に対応した学習塾向けの高校入試模擬アプリ「aim@(エイムアット)」を2021年9月1日から配信する。アプリを効率的に利用することで、2学期から入試への事前準備と個別に単元の演習を行うことが可能。

教材・サービス 授業
aim@概要
  • aim@概要
  • aim@概要
  • aim@概要
  • aim@概要
 メイツは、全国47都道府県の公立高校入試問題に対応した学習塾向けの高校入試模擬アプリ「aim@(エイムアット)」を2021年9月1日から配信する。アプリを効率的に利用することで、2学期から入試への事前準備と個別に単元の演習を行うことが可能。

 高校入試模擬アプリ「aim@」は、約1万問以上の問題が搭載されているため、同じ問題ではなく類似問題を試すことができる。アプリ内で問題のリストを作成できるため、苦手な分野の問題をまとめられる。対象科目は英語と数学、理科、社会の4科目。

 各都道府県の傾向に合った模擬問題を解くことができ、自動丸付け後に正誤結果に応じた苦手問題の提示まで行う。丸付けや苦手問題の生成はアプリで実行するため、講師の負担を軽減。講師は生徒のモチベーション管理の時間を作ることが可能となる。

 「模擬問題演習」「苦手問題学習」「確認問題演習」の3つのステップで利用する。模擬問題の正誤結果に応じて苦手問題が生成され、苦手を解消できたかどうか、確認問題を解く。2学期のうちから入試への事前準備と個別最適な苦手単元の演習ができる。
《安田萌香》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top