教育業界ニュース

メイツ、スタディプラスと提携…学習履歴を自動で記録

 メイツは2021年6月23日、学習プラットフォーム「aim@(エイム アット)」と、スタディプラスが提供する「Studyplus for School」との提携を発表した。「aim@」での生徒の学習履歴が、自動で「Studyplus for School」に記録されるようになる。

教材・サービス 授業
今回の提携を通して、「aim@」での生徒の学習履歴が自動で「Studyplus for School」に記録されるようになる
  • 今回の提携を通して、「aim@」での生徒の学習履歴が自動で「Studyplus for School」に記録されるようになる
  • デジタル教材・紙教材に限らず複数の教材の学習進捗の管理が「Studyplus for School」で可能になる
  • 学習プラットフォームaim@
 メイツは2021年6月23日、学習プラットフォーム「aim@(エイム アット)」と、スタディプラスが提供する「Studyplus for School」との提携を発表した。「aim@」での生徒の学習履歴が、自動で「Studyplus for School」に記録されるようになる。

 「aim@」は、定期テストや英検、高校受験の対策を一挙に対応できる学習プラットフォーム。タブレット、PC、スマートフォンでの学習にも対応しており、生徒の学習の目標達成をサポートしている。定期テスト対策には教科書準拠の問題を幅広く用意しており、2021年度の中学校教科書改訂にも対応。2021年4月のリリースから、1,500教室以上に導入されているという。

 一方で、現在学習塾では映像授業を含めて複数のデジタル教材、紙教材を併用することが多く、先生による学習進捗管理が煩雑になってしまうという課題があった。

 今回の「Studyplus for School SYNC」との連携により、「Studyplus for School」上に「aim@」に搭載されている学習コンテンツの学習履歴が確認できるようになる。これにより、「Studyplus for School」導入教室はオペレーションを崩さずに「aim@」に搭載されている学習コンテンツを利用し、指導することが可能になる。

 「Studyplus for School SYNC」と「aim@」のデータ連携は、2022年3月の開始を予定している。
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top