教育業界ニュース

大学拠点接種、文科大臣がメッセージ発表

 新型コロナウイルス感染症ワクチンの大学拠点接種について、文部科学省の萩生田光一大臣は2021年6月22日、メッセージを発表した。大学拠点接種を行うにあたり、本人の意思の尊重、同調圧力や不当な扱いの禁止、接種後の感染予防策継続を呼び掛けている。

教育行政 文部科学省
萩生田光一文部科学大臣記者会見(2021年6月22日)
  • 萩生田光一文部科学大臣記者会見(2021年6月22日)
  • 「大学拠点接種」に関する文部科学大臣メッセージ
  • 「大学拠点接種」に関する文部科学大臣メッセージ
 新型コロナウイルス感染症ワクチンの大学拠点接種について、文部科学省の萩生田光一大臣は2021年6月22日、メッセージを発表した。大学拠点接種を行うにあたり、本人の意思の尊重、同調圧力や不当な扱いの禁止、接種後の感染予防策継続を呼び掛けている。

 文部科学省は、新型コロナウイルス感染症ワクチンの接種にあたり、地域の負担を軽減し、接種を加速化するため、自治体接種に影響を与えない範囲で、医療従事者や会場等を自ら確保することを前提に、大学等におけるワクチン接種「大学拠点接種」を推進。6月21日から、17大学で接種が開始した。今後も準備が整った大学から順次、拠点となる大学が拡大していく見通し。

 6月22日に発表した「『大学拠点接種』に関する文部科学大臣メッセージ」では、コロナ禍で通常の大学生活を送ることや海外留学の夢を実現すること、課外活動やアルバイト等の社会経験を積む機会を失われてしまった学生に向け、「一日も早く本来の日常を取り戻していただき、学生だからこそチャレンジできることを実現させてあげたいという社会からのエールがこめられている」と述べている。

 大学拠点接種を実施できる規模を有し、医療人材や接種会場等を確保できる大学は限られていることから、「自分が所属する大学ではワクチンの接種をできない場合でも、希望する学生はどこかの大学でワクチン接種を受けることができるようにしたいと考えている」と説明。大学拠点接種を実施する大学には、他大学の学生や教職員、海外留学を予定している人等へのワクチン接種にも対応し、近隣の大学等にも積極的に声をかけるよう呼び掛けている。

 政府として、拠点として地域に貢献できる大学には、外部の医療機関が出張して職域接種を行う場合で、一定の要件を満たすときに経費補助を行うとも記載。大学拠点接種を実施する大学には、支援も活用しながらワクチン接種を加速化してほしいとしている。

 大学拠点接種にあたっての留意点については、「本人の意思を尊重したワクチン接種の必要性と、同調圧力や不当な扱いの禁止」「ワクチン接種後の感染予防策継続の必要性」の2点を示している。周囲の圧力で接種を強制されることや、接種の有無で不当な扱いがなされることがないようお願いするとともに、ワクチン接種後も3つの密(密集・密接・密閉)の回避、マスク着用、手洗い、消毒等の感染予防対策は継続してほしいと求めている。

 6月22日に会見した萩生田大臣は、大学拠点接種について17大学で開始し、週内にはさらに11大学が加わると説明。地域と連携した大学の取組みに敬意を表するとともに、私立大学については地理的な要件をみながら文部科学省としてマッチングにも着手したい考えを示した。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top