教育業界ニュース

N中等部、Adobe Creative Cloud活用の課題解決プログラム

 角川ドワンゴ学園「N中等部」は2021年6月7日より、通学コースにおいて、アドビが提供する「Adobe Creative Cloud」を活用し、課題解決型プログラム「プロジェクトN」を実施する。中学生がアドビのソフトウェアを活用しながら、社会の課題と向きあう。

教材・サービス 授業
「プロジェクトN」でN高等学校通学コースの生徒が制作した作品の例
  • 「プロジェクトN」でN高等学校通学コースの生徒が制作した作品の例
  • 「プロジェクトN」でN高等学校通学コースの生徒が制作した作品の例
 角川ドワンゴ学園「N中等部」は2021年6月7日より、通学コースにおいて、アドビが提供する「Adobe Creative Cloud」を活用し、課題解決型プログラム「プロジェクトN」を実施する。中学生がアドビのソフトウェアを活用しながら、社会の課題と向きあう。

 「プロジェクトN」は、N高等学校通学コースにおいて2018年から実施してきた課題解決型授業の総称。さまざまな企業や官公庁と連携し、生徒が実際の社会の課題の解決に取り組むプログラムで、2020年10月には「グッドデザイン賞」を受賞している。

 「Adobe Creative Cloud」は、グラフィックデザインや動画編集、Webデザイン等のアプリケーションソフトウェアのサブスクリプションライセンス。Photoshop、Illustrator、InDesign、Premiere Pro、Adobe XD等、20以上のアプリが利用できる。

 N中等部では5月より、アドビとのパートナーシップ締結により「Adobe Creative Cloud小中高校向けユーザー指定ライセンス」が利用可能となり、全生徒が無料で使うことができる。N高等学校で運用されてきた「プロジェクトN」に挑戦する中で、中学生のうちから社会の課題と向きあうとともに、アドビのソフトウェアを実践的に活用できるようになることを目指す。

 N中等部の「プロジェクトN」は、6月の短期プロジェクトと10~12月の長期プロジェクトの年2回、実施する予定。生徒は連携企業による講話や成果物に対する講評を受けることができ、第1弾となる6月のプログラムでは動画制作ツール「Adobe Premiere Rush」等を活用したコマ撮りアニメーションの制作に挑戦。3週間のプログラム最終日には、全国から選ばれた生徒がプレゼンテーションを行い、アドビの専門家等から講評を受ける。

 今後はN高等学校、S高等学校の生徒と合同発表を行う等の連携も深め、生徒が高校生と共に挑戦できるプログラムも提供していくとしている。
《奥山直美》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top