教育業界ニュース

GIGAスクール構想、97.6%が年度内に納品見込み

 文部科学省は2021年3月17日、GIGAスクール構想の実現に向けた各自治体のICT環境整備状況について、3月末時点の速報値を公表した。全国で97.6%の自治体が2020年度内に納品を完了する見込みであることが明らかになった。

ICT機器 授業
端末の調達に関する状況
  • 端末の調達に関する状況
  • 2020年度内に納品が完了しない自治体等について
  • 校内通信ネットワーク環境整備等の状況
  • インターネット環境の現状
 文部科学省は2021年3月17日、GIGAスクール構想の実現に向けた各自治体のICT環境整備状況について、3月末時点の速報値を公表した。全国で97.6%の自治体が2020年度内に納品を完了する見込みであることが明らかになった。

 GIGAスクール構想の実現に向けたICT環境整備状況について、文部科学省は全国1,812自治体を対象に、2021年3月末時点の公立の小学校・中学校・義務教育学校・中等教育学校(前期課程)・特別支援学校(小学部・中学部)の端末の整備状況(2021年2月時点での予定)を集計した。なお、2020年8月末時点の速報値は9月11日、確定値を11月16日に公表している。

 全国1,812自治体のうち、1,769自治体(97.6%)が2020年度内に納品を完了する見込み。「納品完了」とは児童生徒の手元に端末が渡り、インターネットの整備を含めて学校での利用が可能となる状態を指す。

 一方、43自治体(2.4%)は、年度内に納品が完了せず、4月以降納品完了を見込んでいる。このうち、1学期中に納品完了予定の自治体は、北海道白老町や福島県会津若松市、沖縄県うるま市など21自治体。2学期以降に納品完了予定の自治体は、北海道千歳市や東京都足立区、愛知県名古屋市など22自治体にのぼる。

 年度内に納品が完了しない理由は、「端末への需給のひっ迫等による納期遅延」13自治体、「入札の公示等はしたが不調になった」6自治体、「その他」24自治体。その他の理由は、「OSの選定や仕様の決定、関係者との調整に期間を要し発注時期が遅くなった」「機器納品後のキッティング、端末設定に時間を要する」「端末本体は納品予定であるものの、インターネット接続回線の開通までに一定期間を要する」などだった。

 校内通信ネットワーク環境整備等の状況について、整備に取り組んでいる学校3万2,228校のうち、86.2%の学校が2020年度内に、97.9%の学校はほぼ新学期から供用開始を見込んでいる。
《工藤めぐみ》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top