教育業界ニュース

セミナー「GIGAスクール構想」進捗状況と情報化の方向性2/5

 日本計画研究所(JPI)は2021年2月5日、文部科学省の「GIGAスクール構想」実現に向けた取組みの進捗と今後の教育の情報化における方向性についてセミナーを開催する。セミナーはライブ配信で行われる。

教育行政 文部科学省
 日本計画研究所(JPI)は2021年2月5日、文部科学省の「GIGAスクール構想」実現に向けた取組みの進捗と今後の教育の情報化における方向性についてセミナーを開催する。セミナーはライブ配信で行われる。

 「GIGAスクール構想」の実現に向けて、「1人1台端末」と学校における高速通信ネットワークを整備するため、各種取組を進めている。今回はその進捗状況と、今後の教育の情報化の方向性について説明する。講師には、文部科学省初等中等教育局情報教育・外国語教育課長の今井裕一氏を迎える。

 講義項目は、「我が国における学校ICT環境の現状について」「新学習指導要領における情報教育の充実について」「GIGAスクール構想の実現に向けた取組について」「令和3年度予算(案)について」のほか、関連質疑応答を行う。

 セミナーはライブ配信受講となり、会場受講はない。民間参加費は1人3万3,410円(資料代・税込)。行政参加費(国家公務員、地方自治体職員)は1人1万6,500円(資料代・税込)。申込時に登録したメールアドレスへ視聴用IDとパスワードを開催日の2営業日前に送る。当日の配付資料などは、後日郵送する。受講後の質問や、講師との取り次ぎについても対応している。

 日本計画研究所は、「政」と「官」と「民」との知の懸け橋として国家政策やナショナルプロジェクトの展開を支え、国家知の創造を目指す幹部・上級管理職の事業遂行に有益な情報を参加者に限定したリアルなセミナーという形で提供している。

◆文部科学省「GIGAスクール構想」実現に向けた取組みの進捗と今後の教育の情報化における方向性について
日時:2021年2月5日(金)9:30~11:30
場所:Zoomを利用したライブ配信
参加費:民間1人3万3,410円 (資料代・消費税込)、行政参加費(国家公務員・地方自治体職員)1人1万6,500円(資料代・消費税込)
申込方法:Webサイトから申し込む
《田中志実》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

page top