教育業界ニュース

デジタルアーツ、教育関係者向け情報リテラシー授業1/28

 デジタルアーツは2021年1月28日、教育関係者向けの情報リテラシー授業をオンラインで開催する。児童・生徒が巻き込まれやすいネットトラブルを疑似体験できるほか、フィルタリングについても解説する。参加費は無料。参加申込はWebサイトで受け付けている。

イベント 教員
教育関係者向けの情報リテラシー授業「児童・生徒をネットトラブルから守る編」
  • 教育関係者向けの情報リテラシー授業「児童・生徒をネットトラブルから守る編」
  • 開催概要
 デジタルアーツは2021年1月28日、教育関係者向けの情報リテラシー授業をオンラインで開催する。児童・生徒が巻き込まれやすいネットトラブルを疑似体験できるほか、フィルタリングについても解説する。参加費は無料。参加申込はWebサイトで受け付けている。

 今回の情報リテラシー授業は、「児童・生徒をネットトラブルから守る編」。参加者は、児童・生徒が巻き込まれやすいネットトラブルを疑似体験できる。さらに、解決策のひとつとしてフィルタリングについても解説。出会い系被害、ネットいじめ、ネット依存、動画投稿による炎上、個人情報漏洩などを取り扱うという。

 授業時間は60分。インターネット接続環境があれば、誰でも参加できる。参加費は無料。定員は300名。事前登録制となっており、参加申込はWebサイトにて先着順で受け付けている。

 通常は、有償・オフラインで実施している講座だが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、全国から参加しやすいよう期間限定でオンラインにて実施する。

◆教育関係者向けの情報リテラシー授業「児童・生徒をネットトラブルから守る編」
日時:2021年1月28日(木)14:00~15:00
会場:Webセミナー
参加費:無料(先着順、事前登録制)
定員:300名
《外岡紘代》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top