教育業界ニュース

最大322倍ズーム&スリムなリモート用、書画カメラ2機種同時発売

 教育ICT機器やビデオ会議システムを扱うアバー・インフォメーションは、最大322倍ズームを搭載した高性能モデル書画カメラと、省スペースで遠隔授業やリモートワークに最適な書画カメラの2機種を2020年12月25日に同時発売する。

ICT機器 授業
新発売の「M90UHD」「M11-8MV」
  • 新発売の「M90UHD」「M11-8MV」
  • 「M90UHD」使用イメージ
  • 「M90UHD」使用イメージ
  • 「M11-8MV」使用イメージ
 教育ICT機器やビデオ会議システムを扱うアバー・インフォメーションは、最大322倍ズームを搭載した高性能モデル書画カメラと、省スペースで遠隔授業やリモートワークに最適な書画カメラの2機種を2020年12月25日に同時発売する。

 「M90UHD」は、光学ズーム14倍とデジタルズーム23倍を搭載したハイエンドモデル。驚異的なズーム機能は最大322倍まで対応可能で、教育現場だけでなく、医療現場や検査設備、裁判所法廷などいかなる環境でも4K1,300万画素の高品質な映像を精細に映し出すことができる。Web会議のセカンドカメラとして使用すれば高画質な画像を共有することも可能。HDMI入出力のほかにもVGA入出力、USB接続の多彩な入出力機能を備え、ほとんどのディスプレイやパソコン、電子黒板、プロジェクターなどに接続して使用できる。

 「M11-8MV」は、遠隔授業やオンライン学習、リモートワークに最適なコンパクトボディ・省スペースの書画カメラ。パソコンとUSB接続するだけで使用でき、バスパワー給電で駆動するため電源アダプターも不要。800万画素、20倍デジタルズームの高画質カメラにより、大画面モニターで表示した場合でも細部まで実物を見ているかのように映し出すことができる。

 価格は「M90UHD」が8万7,800円(税別)、「M11-8MV」がオープンプライス。製品の詳細はアバー・インフォメーションのWebサイトで確認できる。
《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top