教育業界ニュース

文科省概算要求、少人数指導などコロナ対応に5,982億円

 文部科学省は2020年9月29日、2021年度概算要求を発表した。総額は前年度比6,058億円増の5兆9,118億円。少人数指導体制や教職員の加配、GIGAスクールサポーターの配置、感染症対策専門家の学校派遣、学習者用デジタル教科書の普及促進などを盛り込んでいる。

教育行政 文部科学省
GIGAスクールサポーター配置促進事業
  • GIGAスクールサポーター配置促進事業
  • 2021年度文部科学省概算要求のポイント(コロナ対応関係)
  • 2021年度文部科学省概算要求のポイント(教育関係)
  • 新しい時代の学びの環境の整備
  • 補習などのための指導員等派遣事業
  • 学校における感染症対策の充実
  • 学習者用デジタル教科書普及促進事業
  • オンライン学習システム(CBTシステム)の全国展開、先端技術・教育データの利活用推進
 文部科学省は2020年9月29日、2021年度(令和3年度)概算要求を発表した。総額は前年度比6,058億円増の5兆9,118億円。少人数指導体制や教職員の加配、GIGAスクールサポーターの配置、感染症対策専門家の学校派遣、学習者用デジタル教科書の普及促進などを盛り込んでいる。

 2021年度の文部科学関係概算要求額は、前年度(2020年度)比11.4%増の5兆9,118億万円。「Society 5.0」などの到来を見据えながら、誰にでもチャンスあふれる国へと変え、わが国の未来を切り拓いていくために教育再生、科学技術・イノベーション、スポーツ・文化芸術の振興により、「未来への先行投資」を行う。

 このうち、文教関係予算は4兆3,011億円。学校における働き方改革を進めるため、教職員定数の2,397人増(加配定数2,000人、基礎定数397人)を要求。令和のスタンダード「新しい時代の学びの環境」における少人数によるきめ細かな指導体制の計画的な整備については、金額を示さない事項要求とした。経済財政運営と改革の基本方針2020を踏まえ、予算編成過程において検討する。

 新型コロナウイルス感染症への対応については、緊要な経費として5,982億円を計上。学習指導員やGIGAスクールサポーターの配置、感染症対策専門家の学校派遣、学習者用デジタル教科書の普及促進、オンライン学習システム(CBTシステム)の全国展開、空調設置やトイレ洋式化など公立学校施設整備などを盛り込んでいる。

 GIGAスクールサポーターは、GIGAスクール構想を加速するうえで不足している学校の人的体制を支援するため、4校に1人の割合で配置。オンライン学習時のシステムサポート、ICT環境整備の設計、使用マニュアル(ルール)作成、使用方法周知、工事や納品対応などを担う。

 学校現場で導入が進んでいない学習者用デジタル教科書については、学びの保障・充実のための実証事業に50億4,500万円、クラウド配信に関するフィージビリティ検証に1億1,600万円、効果・影響などに関する実証研究に6,500万円の計約52億円を要求。デジタル教科書導入の促進を目指す。

 また、感染症対策を含め、大学入学者選抜における大学入学共通テスト改革推進事業も進める。新学習指導要領に対応した試験問題や、CBT方式を検討するための調査研究などを実施し、思考力・判断力・表現力を一層重視した作問を行うとしている。
《奥山直美》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top