教育業界ニュース

慶大FinTEKセンター×IGS、学生の個人情報に関する共同研究開始

 慶應義塾大学FinTEKセンターとIGSは2020年8月11日、ブロックチェーンを用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STARプロジェクト」の開始を発表。三菱UFJ銀行ら参加企業とともに3年間の実証研究を行い、その後のプラットフォーム化を目指す。

教材・サービス 授業
STARプロジェクト システムイメージ
  • STARプロジェクト システムイメージ
  • STARプロジェクト システムイメージ
  • 慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンター
  • IGS(Institution for a Global Society)
 慶應義塾大学FinTEKセンターとIGSは2020年8月11日、ブロックチェーンを用いた個人情報の管理・活用を実現するシステム開発に関する共同研究「STARプロジェクト」の開始を発表した。三菱UFJ銀行ら参加企業とともに3年間の実証研究を行い、その後のプラットフォーム化を目指す。

 フィンテックに関する学際的研究と教育を目的とするFinTEKセンター(慶應義塾大学経済学部附属経済研究所FinTEKセンター)と、多様な評価指標の研究や評価ビッグデータの分析を通じて学生と企業のマッチング支援を進めるIGS(Institution for a Global Society)は、「学生の個人情報を、学生自身の手に戻す」をテーマとする共同研究「STAR(Secure Transmission And Recording)プロジェクト」を開始。FinTEKセンター、IGS、参画企業の3者による3年間の実証実験を進めると発表した。

 STARプロジェクトは、ブロックチェーンを利用して、学生と企業にとってメリットのある新たなデータ活用戦略について実証実験を行い、学生と企業を繋ぐプラットフィームの社会実装を目指すプロジェクト。実証実験を通じて、「学生の個人情報提供における安全性と透明性の確保」「学生と企業双方を利する個人情報活用戦略の研究」「学生と企業のマッチング精度向上」の3つの目標達成を掲げている。

 開始時点の参画企業は、三菱UFJ銀行、SOMPOホールディングス、住友生命保険相互会社の3社。随時参画企業を増やし、プロジェクト期間中は1業種1社に限定し20社以上の参画を目指しているという。

 システムを利用する学生のメリットとしては、情報提供依頼があった複数の企業に対し開示先・開示範囲・開示期間を自ら選択できること。教員、先輩、友人など、周りの人からの客観的な評価を企業に開示することができること、などがあげられる。企業側にとっては、これまで学生から得られなかった学内外での評価や授業内での発言などのパーソナルデータを活用し、潜在的な優良人材を発見、アプローチすることができる点や、オンライン面接など学生との接点が制限される環境において、学生のパーソナルデータを活用することで学生の能力や特徴を深く知ることができる点がメリットとなる。

 実証1年目は、ブロックチェーン技術により学生の個人情報の秘匿性を担保しつつ、企業がデータを有効活用する技術基盤を構築。慶應義塾大学の学生を中心に5,000名以上の利用を想定。実証2年目には慶應義塾大学の大半の学生と他大学5校以上の学生1万名の利用を、実証3年目には慶應義塾大学の大半の学生および他大学10校以上の学生2万名による利用を想定し、学生数の増加に耐えうるスケールアップとパフォーマンスの改良を図る。実証実験終了後の4年目以降は、実証研究参画企業以外の企業や他大学生の利用によりプラットフォーム化を目指すという。

《畑山望》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top