教育業界ニュース

ナカバヤシ、GIGAスクール対応「タブレット保管庫」発売

 ナカバヤシは2020年8月下旬、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」に対応する端末保管・輪番充電ステーション「タブレット保管庫」を全国にて発売する。価格は、22台収納が11万円、44台収納が15万5,000円(いずれも税別)。

ICT機器 その他
タブレット保管庫
  • タブレット保管庫
  • タブレット保管庫
  • 収納時イメージ
  • 前面扉
  • 天面コードホール
  • 側面コードホール
  • 前面コードクリップ
  • 22台収納
 ナカバヤシは2020年8月下旬、文部科学省が推進する「GIGAスクール構想」に対応する端末保管・輪番充電ステーション「タブレット保管庫」を全国にて発売する。価格は、22台収納が11万円、44台収納が15万5,000円(いずれも税別)。

 「タブレット保管庫」は、教室で使用する端末の保管・輪番充電ステーション(オプション品使用)として活用できる収納保管庫。約13インチサイズまでのタブレットやノートPCを収納でき、仕切りには樹脂製仕切板とクッションシートを採用しているため、端末が傷つきにくい仕様になっている。

 前面・背面扉は通気口とカギ付きで、盗難を防ぐほか、庫内の温度調整にも役立つ(オプション品の「冷却ファン」使用)。前面扉は180度開閉でき、教室内で複数の生徒が端末を一度に取り出せる。背面扉も取り外せ、配線作業などを簡単に行える。

 保管庫の上で作業する際に、本体内部へアクセス可能な「天面コードホール」や、電源コードをまとめる「側面・背面コードホール」、保管庫内部にも充電コードなどの整理に活躍する「前面・背面コードクリップ」を設置。本体を安定して設置できるアジャスターを標準装備するほか、オプションでキャスター移動・床面や壁面へ固定することも可能。

 ラインアップは22台収納、44台収納の2種類。価格は22台収納が11万円、44台収納が15万5,000円。このほか、各種OAタップ(3,300円~6,000円)、コンセントのON・OFFをあらかじめ設定した時刻・曜日で可動させられる「簡易デジタルタイマー」(3,700円)、端末本体を冷却するためのスイッチ付き「冷却ファン」(2万円)、ストッパー付きの「キャスター」(7,200円)、床面や壁面に保管庫を固定できる「固着金具」(3,300円)など、本体にカスタマイズできるオプション品も用意している。価格はいずれも税別。

◆タブレット保管庫
発売時期:2020年8月下旬
発売地区:全国
ラインアップ:22台収納/44台収納
材質:本体/スチール 粉体焼付塗装
仕切板:アジャスター/ABS

<22台収納>
価格:11万円(税別)
サイズ:W720×D450×H438mm(収納部有効サイズ:W28×D310×H255mm ※1か所あたり)
重量:26.3kg

<44台収納>
価格:15万5,000円(税別)
サイズ:W720×D450×H870mm(収納部有効サイズ:W28×D310×H255mm ※1か所あたり)
重量:44.6kg
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top