教育業界ニュース

リコー、360°画像のデータサービス事業を強化

 リコーは2020年7月2日、教育施設や不動産物件などをオンラインで紹介するバーチャルツアーを手軽に作成できるサービスとして、海外市場向けに「RICOH360 Tours」を提供開始したと発表した。

教材・サービス その他
Webサイト上で不動産物件を紹介するイメージ
  • Webサイト上で不動産物件を紹介するイメージ
  • THETA 360.biz
 リコーは2020年7月2日、教育施設や不動産物件などをオンラインで紹介するバーチャルツアーを手軽に作成できるサービスとして、海外市場向けに「RICOH360 Tours」を提供開始したと発表した。2022年度末までにグローバルで30万ユーザーへの導入を目指す。

 「RICOH360 Tours」は、専門的な撮影技術や高価な機材が不要で、誰もが手軽に施設や不動産物件などを空間としてオンラインで紹介することができるクラウドサービス。リコーは、その場の空気感を丸ごと写し取る「写場」をコンセプトに、1度の撮影で360°画像を撮影できるカメラ「RICOH THETA」を開発し、2013年にリリース。国内向けには「THETA 360.biz」として提供してきた。

 新型コロナウイルスの影響により、世界でソーシャルディスタンスの確保が課題となっており、さまざまな空間の紹介をオンラインで実施するニーズが高まっている。「RICOH360 Tours」を活用することで、リコーはこのような社会課題の解決とコロナ禍での新しい働き方の実現に寄与していくとしている。
《工藤めぐみ》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top