教育業界ニュース

ターンナップ、教育団体向け「質問対応システム」無料公開

 中高生向け学習用アプリ「ターンナップ」を提供するターンナップは2020年5月28日、アプリを通じた生徒・先生間の質問やりとりを可能とする「質問対応システム」を無料で公開したことを発表した。

教材・サービス その他
利用イメージ
  • 利用イメージ
  • アプリイメージ(質問やり取り時の生徒側での見え方)
 中高生向け学習用アプリ「ターンナップ」を提供するターンナップは2020年5月28日、アプリを通じた生徒・先生間の質問やりとりを可能とする「質問対応システム」を無料で公開したことを発表した。

 「ターンナップ」は、授業動画や問題集を提供する中高生向け学習用アプリ。この度、新たに法人・団体向け機能として「スクールモード」を追加し、所属生徒と各団体の先生の間で質問および回答ができるようになった。

 学習用に設計されたアプリを経由することで、公私混同を避けたメッセージのやりとりが可能。アプリ機能である授業動画や問題集を補助教材として利用することもできる。なお、スクールモードの利用には、マイページにてスクールコードの入力が必要となる。

 料金は、質問対応システム、生徒用アプリともに無料。利用回数に制限はない。エンドユーザーに対する料金(各法人・団体における、先生による回答業務の対価)についても有償・無償を問わない。申込みは、Webサイトにて受け付けている。

 なお、今回リリースした質問対応システムは、新型コロナウイルス感染拡大に対する分散登校措置や第2波への備えなどの観点で早期利用開始を優先したベータ版となるが、正式版移行後も生徒・先生間の質問のやりとりの機能については、無料提供を継続する方針としている。別途、有料オプション(回答代行サービスなど)を導入予定。

◆ターンナップ「質問対応システム」
対象:有償・無償を問わず、中高生カリキュラムの教育を提供する法人・団体
料金:無料
※エンドユーザーに対する料金(各法人・団体における、先生による回答業務の対価)についても有償・無償を問わない
申込方法:Webサイトにて申し込む
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top