教育業界ニュース

児童生徒の学びの保障に774億円…第2次補正予算案

 政府は2020年5月27日、2020年度(令和2年度)第2次補正予算案を閣議決定した。文部科学省は、「臨時休業に伴う児童生徒等の学びの保障」に774億円、「大学・高専・専修学校の遠隔授業の加速」に73億円を計上した。

教育行政 文部科学省
 政府は2020年5月27日、2020年度(令和2年度)第2次補正予算案を閣議決定した。文部科学省は、「臨時休業に伴う児童生徒等の学びの保障」に774億円、「大学・高専・専修学校の遠隔授業の加速」に73億円を計上した。

 2020年度文部科学省第2次補正予算案では、「困窮学生等に対する支援」に153億円を計上。新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、困窮学生が経済的理由により修学を断念することがないよう、各大学等が行う独自の授業料等の軽減措置を実施するための経費を支援する。

 また、文化芸術・スポーツ活動への緊急総合支援として580億円を計上している。このうち、「文化芸術・スポーツ活動の継続支援」が509億円、「文化芸術収益力強化事業」が50億円、「スポーツイベント再開への支援」が20億円。

 大学や研究者への支援・研究基盤の強化として、「国立大学法人が行う短期借入に対する利子助成」に3億円、「研究現場の環境整備を通じた研究活動の再開・継続への支援」に30億円、「研究現場におけるPCR機器の活用」に5億円を計上している。

 「臨時休業に伴う児童生徒等の学びの保障」には774億円を計上。このうち、幅広い人材を雇用し緊急的に追加配置する「学習保障等に必要な人的体制の確保」に318億円、学校の感染症対策等を徹底しつつ子どもたちの学習保障を行うために必要となる新たな試みを支援する「学校教育活動再開支援経費」に405億円、「幼稚園におけるマスク購入等の感染拡大防止に係る支援」に30億円、「特別支援学校スクールバス感染症対策支援の拡充」に16億円、「日本人学校教育環境整備事業」に5億円を割り当てる。

 「大学・高専・専修学校の遠隔授業の加速」には73億円を計上し、2020年度第1次補正予算額27億円と合わせて100億円にのぼる。新型コロナウイルス感染症の長期化により、実施のニーズがあるすべての大学・高等専門学校・専修学校において、遠隔授業の設備および体制の整備を行い、デジタル技術を活用した高度な教育が提供できる環境の整備を推進する。
《外岡紘代》

編集部おすすめの記事

特集

page top