教育業界ニュース

Google、ビデオ会議ツールを無料提供…遠隔授業も

 Googleは2020年4月29日、エンタープライズグレードのビデオ会議ツール「Google Meet」をすべてのユーザーに無料で提供することを発表した。5月初旬から数週間かけて順次使用できるようになる。

教材・サービス その他
Google Meet
  • Google Meet
  • 家から教えよう
 Googleは2020年4月29日、エンタープライズグレードのビデオ会議ツール「Google Meet」をすべてのユーザーに無料で提供することを発表した。5月初旬から数週間かけて順次使用できるようになる。また、遠隔授業に役立つ情報も紹介している。

 これまで「Google Meet」は、企業、組織、教育機関向けのコラボレーションおよび生産性ソリューションである「G Suite」の一部としての提供に限られていた。5月初旬より、メールアドレスを持っているユーザーは誰でも、簡単な会議設定や画面共有、リアルタイムでの字幕表示(英語のみ)、好みに合わせたレイアウト変更機能(参加者全員の顔が見られるタイル表示など)といった、企業や教育機関向けに提供している製品と同じ機能が利用できる。

 今後Google Meetは、Webではmeet.google.com、モバイル端末ではiOSやAndroidのアプリから無料で利用することが可能となる。また、Googleカレンダーを使えば、簡単にビデオ会議の設定や参加が可能。無料版のGoogle Meetでは会議毎に60分の時間制限があるが、9月30日まではこの制限は無効となる。

 すでにGoogleアカウントを持っている個人は、meet.google.comにサインインするだけで起動できる。Googleアカウントを持っていない場合は、仕事用のメールアドレスや個人のメールアドレスがあれば無料ですぐに作成できる。

 企業や組織で使用する場合、既存の「G Suite」のユーザー向けには、現在の契約を変更することなくMeetライセンスを無料で追加する。新規のユーザー向けには、今回新たに「G Suite Essentials」を提供する。「G Suite Essentials」の詳細は営業チームまで問い合わせること。

 学校や高等教育機関で使用する場合、「G Suite for Education」をすで利用している学校では、管理者により追加費用なしでMeetを有効にできる。利用していない学校は、Webサイトにて登録が必要。なお、遠隔授業を行ううえで活用できるツールや情報は、Google運営サイト「家から教えよう」で紹介している。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top