教育業界ニュース

年間最大360回のオンライン英会話、同志社中の全生徒に提供

 EnglishCentralは2020年度より通年で、年間最大360回のオンライン英会話の受講と1万4,000本以上の動画を通しての学習が可能な「EnglishCentral プレミアムプラン」を、同志社中学校の全生徒に提供開始する。

教材・サービス 授業
EnglishCentral
  • EnglishCentral
  • 同志社中学校
 EnglishCentralは2020年度より通年で、年間最大360回のオンライン英会話の受講と1万4,000本以上の動画を通しての学習が可能な「EnglishCentral プレミアムプラン」を、同志社中学校の全生徒に提供開始する。

 「EnglishCentral」は、1万4,000本を超える動画コンテンツとオンライン英会話を組み合わせた総合英語学習サービス。グーグルのグループ会社として培った技術と音声認識テクノロジーによる発音診断により、日本人が苦手意識を持つ発音練習を効果的に行うことができる。

 同志社中学校には2018年度より、1年生全クラスの英語(英会話)の授業に動画学習のみのアカデミックプレミアムプランを提供開始。2019年度には1年生の授業に加えて、全2年生にオンラインレッスンを含んだプレミアムプランの提供を開始し、これまでの検証を踏まえて、この度2020年度の全学年プレミアムプランの導入に至った。

 これにより、動画学習で得たポイントを使って質の高いオンラインマンツーマンレッスンを、年最大360回受講することが可能になる。レッスン受講前に、動画を用いて会話のテーマとなる単語や表現を事前学習することでもより高い学習効果が期待できるという。

 同志社中学校英語科教諭の反田任氏は、「動画を見て学習した表現を『Go!Live』でオンラインの先生のレッスンにより実践的な練習ができるのも大きな魅力です。生徒が興味関心のある動画を選択できることも学習のモチベーションとなります」とコメントしている。

 また、EnglishCentral代表取締役社長の松村弘典氏は、「今後一緒にトライアルアンドエラーを繰り返しつつ、どの学校でも参考に出来るようなモデルケースを組み立て、積極的に発信することでICT活用にお悩みの皆様にお力添えしてゆく所存です」とコメントしている。
《桑田あや》

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top