教育業界ニュース

ICT教育サポート「master study」提供開始

 Googleが提供するクラウドツール「Google Workspace(旧:G Suite)」を活用した企業や教育機関のDXを支援するストリートスマートは、ICT教育を支援する「master study(マスタースタディ―)」の提供を2022年2月7日より開始した。

教材・サービス 授業
ICT教育サポート「master study」
  • ICT教育サポート「master study」
  • ストリートスマート
 Googleが提供するクラウドツール「Google Workspace(旧:G Suite)」を活用した企業や教育機関のDXを支援するストリートスマートは、ICT教育を支援する「master study(マスタースタディ―)」の提供を2022年2月7日より開始した。

 「master study」は、Google for Educationを使ったICT教育を進める先生の、「あったらいいな」が見つかる総合プラットフォーム。「ICTの知識がない」「準備時間がとれない」という人にも簡単に使用できるコンテンツを凝縮してまとめている。

 例として、科目・単元別の授業でそのまま活用できるテンプレート集や、児童・生徒へ向けた解説動画教材等を幅広く用意。実際の授業ですぐに取り入れられるコンテンツ集となっているので、授業準備の工数を減らすことも可能だ。

 これまでは無償トライアル版として提供していたが、2022年2月7日より正式サービスとして提供を開始。2022年春頃からは有償版の提供の開始を予定している。

 有償版では、今まで以上に利用できるコンテンツを増やす予定。利用料金は、教員向けが年間2,970円(税込)、企業やフリーランス、個人向けが年間6,600円(税込)で利用できる。なお、2022年春ごろまでは、今後有償となるコンテンツも無償で利用できる。
《木村 薫》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top