教育業界ニュース

記憶定着のための「Monoxer」数式回答形式をアップデート

 モノグサが提供する、記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」。今回、数式回答形式がアップデートされたことを発表した。

教材・サービス 授業
Monoxer
  • Monoxer
  • 手書きのメモが可能に
  • 「小テスト機能」における数式回答形式のアップデート
 モノグサが提供する、記憶定着のための学習プラットフォーム「Monoxer(モノグサ)」。今回、数式回答形式がアップデートされたことを発表した。

 Monoxerは、先生が覚えてほしい内容を登録するだけで、その内容を定着するために必要な問題が自動で作成される、学習プラットフォーム。児童生徒は作成された問題をスマートフォンやタブレットから学習し、ひとりひとりの習熟度や忘却度に合わせてリアルタイムで問題の出題頻度や難易度が調整される。

 今回のアップデートは、学習中に手書きのメモを残せる機能、「小テスト機能」で別解の登録ができる機能が新たに登場。選択問題形式にも対応しており、Monoxerで数学、物理等の複雑な計算問題の学習における活用も可能となった。

 手書きメモを残せる機能では、数式回答形式での学習時に手書きのメモをすることができるようになった。途中計算等に活用することで、複雑な計算の学習にも利用できる。

 小テスト機能では、Monoxer上でテストが実施され、従来では単一回答の登録となっていた。今回のアップデートで別解の登録が対応され、複数の正解が存在するケースにも対応できるようになった。選択問題形式の対応もできるようになったことで、大学入学共通テストのような選択問題形式のテスト対策における活用も可能となった。
《高垣愛》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

特集

編集部おすすめの記事

特集

page top